on-the-time.jp

2013年01月08日

中日韓3カ国連携の最大の障害は米国!?

キャラバン資本主義ビジネス

新華社は、「米国は中国と日本、韓国の3カ国が連携する上で、最大の潜在的障害と言える。
中日韓が政治、安保上の相互信頼を確立してこそ、この障害を乗り越えることができるだろう。」と言ってきた。

つまり、日本、韓国に安保条約から離脱をするように要請してきたとも言える。

これに、中国右翼の一般意見なのだろう。
日本や韓国の右翼はどう反応するのか?

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

2012年末に政権交代を完了した中日韓は新指導体制の下、新たな「三国志」を演じていくこととなる。
いかにして問題を克服し、東アジアの平和安定を維持、発展させていくか。これが3カ国の新たなリーダーたちが直面する最大の課題になると言っている。

現在、中国と日本の関係の健全な発展に影響をもたらす最大の障害は釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)問題だ。安倍政権が発足後、日本政府は釣魚島問題 に関して強硬な姿勢を貫き、中国政府は自国領土を断固として保全しようとしている。
日本の与党、自民党は憲法改正によって自衛隊を国防軍と位置付け、集団 的自衛権の行使を容認するよう主張している。
安倍晋三首相はまた、首相任期中の靖国神社参拝を示唆した。
こうした中、中日関係は当分の間、厳しい状況が続 く可能性がある。

もちろん、長期的には中日関係は改善の見込みがないわけではない。
現在、中国は日本との意思疎通や対話のルートを完全には閉ざしておらず、日本も政 権交代を機に釣魚島問題の一層の悪化を回避することと並行して、誤った立場を正し、中日関係改善を積極的に求めることができる。

中日関係とは対照的に、中国と韓国との間には重大な政治、歴史、安全上の問題がない。
中韓関係は米韓同盟の妨害を受けるとは言え、連携・互恵が依然、中韓関係の主軸になる。

ただし、日韓の間では自民党が政権を取ったことで、両国関係の調整が課題となった。
独島(日本語名称:竹島)問題、歴史問題、慰安婦問題、再燃しかね ない靖国神社参拝の問題が、日韓関係の健全で安定した発展の障害となる可能性がある。
独島問題や歴史問題、慰安婦問題はいずれも朝鮮民族の歴史的な痛みで あり、韓国政府はこれらの問題で一歩も譲ることはない。
朴槿恵次期大統領も例外ではない。

日本は竹島問題について実質的に譲歩しないだろう。
もし安倍晋三氏が任期中に首相として靖国神社を参拝し、また憲法改正によって自衛隊が国防軍と位置付けられるとすれば、新たな日韓の衝突を誘発しかねない。
現状から見れば、日韓関係の改善は楽観できない。

中日韓の将来的な関係を分析する際、「米国」は避けられない要因になる。
米国は主に米日同盟、米韓同盟により、東アジアで影響力を発揮する。
そして米日同盟と米韓同盟は、中日韓3カ国の連携と東アジアの平和・安定に影響する障害と言える。

オバマが大統領就任以来、米国はアジア太平洋地域での同盟体制を強化し、同盟体制を通じて戦略的に日本と韓国をけん制し、朝鮮半島の核問題や中国 の国力向上などをめぐって政治や安保、貿易、経済などの分野から中日韓の連携、東アジア域内連携に水を差してきた。
ある意味、米国は中日韓の連携を阻害す る最大の潜在的障害となる。
そして中日韓は政治や安保上の相互信頼を確立してこそ、この障害を乗り越えることができる。
中日韓の政治上の相互信頼は一朝一 夕で生まれるものではなく、3カ国の政治家の勇気と国民の後押しが必要になる。
と伝えてきた。

これは、あまりにも中国中心思考とも言え、中国を中心に、中日韓3カ国連携をすることになる。
中国のこの考えでは、中日韓3カ国連携は、遠い道のりである。

さて、この意見に米国は、どのように返事するのだろう。

2012-12-21---韓国大統領選で与党セヌリ党の朴槿恵の当選で、安倍晋三が動いた!
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-12-06---韓国小売大手、続々と中国事業縮小して、逃げ出した。
2012-12-04---日系企業の「チャイナ・プラスワン」戦略?
2012-11-30---中日韓FTA構想は自然な流れ、それを壊すのは、何か?
2012-11-28---中国のホンダ、「我動、未来動」
2012-11-28---中国、10年以内に世界の工場としての地位を失う!
2012-11-26---中国の現地生産日系車の販売で、回復傾向。
2012-11-21---中国で古代商売技法を忘れ、日本車販売の低迷続く。
2012-11-19---中国の日本の合弁自動車メーカー特約販売店が経営危機。
2012-11-16---中国の日系車ディーラーの販売員流出、独系車ディラーが受け入れ。
2012-11-09---日本の自動車メーカー、中国から逃げた!
2012-11-06---日系カーディーラー、来店客数増加の兆し、消費者は様子見継続。
2012-10-29---日系自動車メーカー、中国で月間販売目標を40~50%引き下げ!
2012-10-29---ホンダは、中国-日本論争の中で、収益見通しを低下。
2012-10-24---ノキアで始まった「脱中国」時代!?
2012-10-23---中国の環境保全活動家報告。
2012-10-20---ついに、問題の水域南シナ海に、米国空母が巡航。
2012-10-19---今度は、中国が東シナ海で、海軍の練習を行なう。
2012-10-18---だれが、米国のオーナーか?
2012-10-18---世界中のメディアが、日本の大臣が靖国神社を参拝したと騒いでいる。
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-10-12---「沖縄中国論」を主張する中国の強硬派。
2012-10-12---一転、IMF・世界銀行年次総会に、中国が参加。
2012-10-10---米国、中国製ソーラーパネルに不当廉売裁定。
2012-10-09---中国銀行大手はIMF・世界銀行年次総会に出席しない。
2012-10-08---世界銀行は、中国の成長予測を低下!
2012-10-08---米国パネル、中国の HuaweiとZTEはセキュリティ脅威と警告。
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-26---トヨタと日産は、中国での生産を縮小!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-25---香港の法定最低賃金1時間HK$28からHK$30に引き上げ。
2012-09-25---ノキア、中国に続いて、韓国でも人員削減加速。
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-20---日本企業、中国工場の操業再開。
2012-09-18---世界中が、中国の反日抗議行動に注目している。
2012-09-18---中国の反日暴動、日系家電不買拡大。
2012-09-17---中国の反日本抗議で、日本のいくつかの会社はオペレーションを停止。
2012-09-16---中国で吹き荒れる反日本暴力。どうなっている中国人!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-11---特許紛争は、アップルのサムスン離れ加速!
2012-09-05---NECが、Lenovoの株を売却し、Lenovoの株下落。
2012-09-12---存在感のため、中国の海爾はFisher & Paykelの買収を始めた。
2012-09-04---アディダスの中国委託工場、契約終了通告。
2012-09-03---シャープは、鴻海販売価格で、株価が下落。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-24---低温多雨で、中国のエアコンが低迷。
2012-08-23---アディダスの契約終了で、中国生産受託300社が集団賠償請求!
2012-08-23---中国で、日本メーカーのテレビ販売崩壊!日本はラクダ?
2012-08-21---蘇寧電器、国美電器、週末販売300%増!
2012-08-21---低所得農家20%と高所得農家20%は所得差が10.19倍。
2012-08-20---ウォルマートとカルフール、中国での出店ペースを減速。
2012-08-15---シャープの株価は、損失を悪化させる恐れで、さらに下落!
2012-08-13---蘇寧と京東、ネット史上最大規模で価格競争を展開すると宣言!
2012-08-12---IOCは朴鍾佑に銅メダルを与えることを差し控えた。
2012-08-11---国際オリンピック委員会、韓国のサッカー選手に締め出し命令!
2012-07-26---中国上半期の都市部住民可処分所得。
2012-07-25---ノキア、段階的中国事業撤退を継続!
2012-07-20---ロンドンでオリンピック公式スポンサー名を言えば言うほど不可思議!?
2012-07-20---中国唯一のアディダス自社工場を閉鎖!
2012-07-17---ノキア 中国での人員削減計画発表!
2012-07-03---日本の部品メーカー、中国などに分散化!「キャラバン資本主義」
2012-06-29---韓国は日本との歴史的な軍事条約をドタキャン延期。
2012-05-17---企業は、人件費高騰でも人手不足の北京で 「90後(90后)」引き止めに必死!
2012-05-12---中国は南シナ海での戦争を準備していることを否定。
2012-05-10---中国敵は、先日まではベトナムだったが、今度はフィリピン!
2012-05-07---中国の女性アナ大失態!「フィリピンは中国の領土」?
2012-04-14---パキスタンのファッションショーとモデル!
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!
2012-02-28---上海市はさらに、4月から月1450元へ最低賃金引き上げ!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ!
2012-02-08---中国の最低賃金水準は、2015年までに13%引き上げ!
2012-02-08---中国の春節明け第1週の人材募集、過去最高186万人!
2012-02-08---中国雇用主の8割が、「今年は6%以上賃上げ」。
2012-02-06---中国、春節明けに転職が激増し、労働力不足が深刻化!
2012-01-08---フィリピンは、中国船がスプラトリー島の領海侵入で非難!
2011-12-13---10月のフィリピン輸出品は、14.6%の下落。
2011-11-06---アディダスのWebサイトにサイバーテロ攻撃!
2011-11-06---第1回カンボジア・ファッション・ウィーク2011!
2011-09-25---巨大人口の中国で、労働力不足の時代がやって来る!?
2011-07-15---日本政府の大韓航空のボイコットで、韓国怒り!
2011-07-11---中国の深セン市で、最低賃金13.2%アップで月額1423元。
2011-07-01---中国共産党創設90周年!
2011-06-29---中国の最低賃金、今後5年で年13%以上引き上げ!
2011-06-14---ベトナムは、南シナ海の兵力を増強!
2011-06-09---ベトナムと中国のスプラトリー諸島紛争は、サイバー戦争にも点火!
2011-05-30---ベトナム、海域紛争で中国を起訴。
2011-05-25---日本大手企業の生産拠点が、中国に移動!日本は中国の営業マンとして活躍するチャンス!
2011-05-01---最低賃金を楽しむ香港の労働者達。
2011-04-12---ノキアは、40% 近くの人員削減が可能になった!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2011-04-05---北京市が外資企業の賃金は、中国企業の最低賃金の1.5倍以上を明示!
2011-03-02---ノキアは、新しい工場をベトナムでオープン!
2010-10-27---インドのモバイル電話検索で、ノキアが一番!
2010-09-20---どうなる中国の共産資本主義。
2009-09-18---「日王」と「天皇」の間。
2008-04-09---Nokia社、「キャラバン資本主義」でボーフム工場閉鎖。
1894-08-01---日本と清国は互いに宣戦布告した。
1931-09-18---関東軍、柳条湖付近の南満州鉄道を爆破した。
1932-03-01---満州国が建国宣言した。
1936-12-12---蒋介石を監禁した「西安事件」が起きた。
1962-11-09---「日中総合貿易」覚え書きに調印した。
1972-11-04---雄のカンカンと雌のランランのパンダ歓迎式典が行われた。
2012-06-13---韓国の李明博大統領、3カ国FTA交渉の成果に期待。
2011-11-28---世界中で自由貿易協定(FTA)の締結を加速している。
2011-08-31---中国商務省次官補、中日韓FTAの重要性を強調!
2011-04-24---中国、日本、韓国、三国貿易協定で合意!
2010-08-23---韓日国民意識調査。韓国企業と日本企業。
2013-02-01---ロシア、レアメタル生産計画を策定。
2012-10-11---湖南省江華で、年産300トンのレアアース分離工場を着工。
2012-09-27---日本、レアアース調達で脱中国狙う!
2012-06-19---日本の中国産レアアース輸入7割減。
2012-04-09---中国レアアース業協会を北京で設立。
2012-03-13---米国、EUと日本は、中国に対して、WTOでレアアースに挑戦!
2012-02-23---レアメタル回収の基本方針「使用済み小型電子機器回収促進法案」の全容判明。
2012-02-22---中国商務部と中国税関総署、レアアース輸出港を指定。
2012-01-31---中国原材料のWTOで敗訴。
2011-07-14---異常な熱気で高騰したレアアース価格に落ち着き!
2011-07-04---日本の科学者、太平洋の海底で膨大なレアアース鉱物を発見!
2011-03-06---中国のレアアース輸出規制策はWTOのルールに合致。
2011-02-28---中国環境保護部が「レアアース工業汚染物排出基準」を公表。
2011-02-25---中国のレアアース輸出規制で、「都市鉱山」が再注目!
2011-02-11---中国、2500余平方kmのレアアース・460余平方kmの鉄鉱石の国家計画区を設立。
2010-12-05---中国、レアアース輸出規制の姿勢を堅持。
2010-11-24---中国は日本に、レアアース出荷を再開。
2009-06-23---2020年に、中国では主要鉱産物19種が供給不足になる。
2012-04-09---中国レアアース業協会を北京で設立。
2012-03-13---米国、EUと日本は、中国に対して、WTOでレアアースに挑戦!
2012-02-23---レアメタル回収の基本方針「使用済み小型電子機器回収促進法案」の全容判明。
2012-02-22---中国商務部と中国税関総署、レアアース輸出港を指定。
2012-01-31---中国原材料のWTOで敗訴。
2011-07-14---異常な熱気で高騰したレアアース価格に落ち着き!
2011-07-04---日本の科学者、太平洋の海底で膨大なレアアース鉱物を発見!
2011-03-06---中国のレアアース輸出規制策はWTOのルールに合致。
2011-02-28---中国環境保護部が「レアアース工業汚染物排出基準」を公表。
2011-02-25---中国のレアアース輸出規制で、「都市鉱山」が再注目!
2011-02-11---中国、2500余平方kmのレアアース・460余平方kmの鉄鉱石の国家計画区を設立。
2010-12-05---中国、レアアース輸出規制の姿勢を堅持。
2010-11-24---中国は日本に、レアアース出荷を再開。
2009-12-11---韓国でも「東海学(日本海学?)」が動き出した。
2009-08-23---韓国の「奇跡の歴史」の1冊。
2009-08-13---韓国市民団体、読売新聞の誤報で告訴した。
2009-07-17---誤解から発生した「独島」と「竹島」問題。
2009-06-23---2020年に、中国では主要鉱産物19種が供給不足になる。
2008-08-27---韓国の放送局、オリンピック中に差別用語連発!

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。