AD SPACE

2013-01-01

オランド大統領は、フランスの付加税リ・デザインを誓った。

BBC Newsは、フランスのフランソワ・オランド大統領は、彼の75%の計画が技術的なグラウンド上でうちのめされた後、所得税の最高率を上げることをまだ計画すると言ったと報告した。

大晦日上の全国放送では、彼は、「私たちは、もっと最大の収入を持っている人々にまだ尋ねるでしょう」と付け加えて、法律のデザインが変更(リ・デザイン/redesigned)されるだろうと言った。

そうです!法律も政治もデザインが重要!
日本の政治家は、基礎教育でデザインを学んでいないから、センスが欠落している。

選挙ポスターを見て、選挙に行く気を削いだ!

デザイン能力が無いから、カツカレーを食っている。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、彼は動きが和らげられるだろうといくらかに推測させて、75%に言及しなかった。
75%の税金は、脅迫かも知れない。

大統領は、さらに失業のカットに向けた「努力(すべて)」を約束した。

失業中の数が、その傾向を逆にされるに違いないと言うようにオランド大統領に促して、今年初めて300万の障壁を切り開いた。

オランド氏は方向を欠くことことで非難された。
また、彼が5月に政権をとって以来、彼の人気レベルは急降下した。

彼は、公の「重大で正当である」懸念を認めて、しかも、それは彼の最初の6ヵ月間の「発作とスタート」であった。

しかし、大統領は、期待されたより「もっと早く、そしてより強い」彼の政府によってアクションのために、フランスが金融危機を切り抜けるだろうと主張した。

「我々は仕事、競争力と成長のコースを決めました、そして、私は反しません。 それはフランスの将来です」と、彼が言った。

社会党の大統領は、彼が年間100万ユーロを超える所得税を上げる最も重要な政策を再服従するだろうと言った。

所得税の他の形式と異なり、世帯ではなく個人に適用されることになっていたので、それは土曜日に憲法制定評議会(Constitutional Council)によって拒絶された。

オランド大統領は、法律のデザインは「変更されているかもしれない」が、その目的が同じままだろうと言い、余裕がある人々は、その赤字に取り組むフランスの努力に、もっと払うべきであると言っている。

この政策はフランスの財界人および右翼の反対を怒らせ、彼らはそれが起業家精神および富生成を落胆させると言った。

しかし、起業家精神および富生成を落胆させたら、その仕事を失業者に回せばいい。
金持ちは、失業しても一向に構わないのではないだろうか?

つまり、デザイン的には、財界人と右翼は、失業すべきとも言える。

2012-12-29---評議員会によってうちのめされた75%の所得税をフランス式に調理。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE