2012-12-23

ヘビーメタル・バンド「Ministry」のギタリストが47歳で死去した。

BBC Newsは2012年12月24日に、ヘビーメタル・バンド「Ministry(省)」と「Rigor Mortis(死体硬直)」のギタリストであったマイク・スカシア(Mike Scaccia)が47歳で死去したと報告した。

雑誌「ローリングストーン(Rolling Stone)」は、「Rigor Mortis」か歌手ブルース・コルビット(Bruce Corbitt)の誕生日を祝うためのテキサスのステージ「Bruce Corbitt's 50th B-day Thrash w/ RIGOR M...ORTIS」で演奏中に彼が倒れたと報告している。

彼は病院に緊急搬送されたが死んでいると言い渡された。

「Ministry」のリード・ボーカルであるアル・ヨーゲンセン(Al Jourgensen, Ministry's lead singer)は、バンドのWebサイトで彼の死を確認したとファンに伝えて、
「私は、ちょうど今、兄弟および親友lilを失いました。」
「マイキーは音楽の歴史で最高のギター・プレーヤーであるだけでなくて、彼は我々の家族の近い、近い、近い一員であった。そして、私はちょうど今、心の巨大なかなりの量を失いました。」
「私たちの生活は永久に変えられます。マイキーのいない生活は、穏やかなことで、パルプのないオレンジジュースに似ています。」と言っている。

マイク・スカシアは、1965年にニューヨークのバビロン(Babylon, New York)で生まれ、1983年に「Rigor Mortis」を結成した。

スリラー映画と共有される愛と野蛮で濃厚なロック・サウンドを組み合わせて、バンドは、ほとんど独力でそれらの生まれたテキサスのデスメタル・シーンを作った。

キャピトル・レコードと契約し、売り上げ不振により落とされる前にアルバムをリリースした。

アル・ヨーゲンセンは、1989年に「Ministry」に加わることをマイク・スカシアに頼んだ。
また、彼はバンドの営利上最も成功したアルバム「Psalm 69(賛美歌69)」につけ込んだ。

1992年に、「The Way to Succee(成功する方法)」「the Way to Suck Eggs(卵を吸収する方法)」

さらに、彼は、Lard and Buck Satanとthe 666 Shootersのようなバンドによってスピンオフ・プロジェクトに寄与し、2003年に容認されたRigor Mortisの再結合の一部になった。

フォートワースの検屍官(Fort Worth medical examiner)によれば、心臓病によってもたらされた心臓発作で、ギタリストは急死した。

「Rigor Mortis」のボーカリストであるブルース・コルビッは、Facebookで、
「the greatest guitar player I ever knew.」「My brother is gone,The only reason I am who I am is because of this man. If it wasn't for him I wouldn't even be in a band.」と書いた。