2012年12月18日

EUの半分以上が、ソーシャル・メディアへメッセージを記入。

Eurostatは、EUの人口のインターネット・アクセスと使用として、EU27でインターネット・アクセス世帯は2006年に全体の約半分であったが、2012年には4分の3以上の世帯になったと報告した。

インターネット・ユーザーの半分以上は、ソーシャルメディアへのメッセージを記入し、60%以上はニュースをオンラインで読んでいた。

確実に、大きな変動になっている。

ブロードバンド・インターネット接続をしている世帯の割合は、2006年の30%と比較して、2012年には、72%がアクセスし、より著しく増加した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

EU(European Union/欧州連合)の統計オフィスEurostatによって公表されたこれらのデータは、EU27加盟国の世帯と、アイスランド、ノルウェー、クロアチア、モンテネグロ、旧ユーゴスラビアのマケドニア共和国およびトルコの個人によってICT(Information and Communication Technologies/情報通信技術)使用法に関する調査の結果の小部分だけを表わしている。

インターネット使用および広帯域の接続と同様に、調査は、さらにインターネット、電子商取引および電子政府のモバイル使用のような他の指標をカバーしている。

いくつかのEUの政策、特にヨーロッパ用のディジタル・アジェンダのモニターのために使用されている。

しかし、インターネット・アクセスのレベルは2006年と2012年の間にすべての加盟国で増加したが、その落差は重要なままであった。

2012年に、シェアがど50%以上にやっと達した国はブルガリア(51%)、ギリシャおよびルーマニア(両方の54%)で、一方、90%以上のインターネット・アクセスシェアは、オランダ(94%)、ルクセンブルグ(93%)、およびデンマークおよびスウェーデン(両方の92%)で記録された。

インターネット上の活動を拾い読みして行なう場合、ブロードバンド・インターネット・アクセスはより速い速度を可能にした。

2012年には、すべての加盟国の中で、世帯の少なくとも半分が広帯域の接続をしていた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト