2012年12月17日

ロンドンの金融街Square Mileは無料のWi-Fiアクセスを提示。

Cellular-Newsは、ロンドンの金融街Square Mileは、ロンドン市を備えた無料のWI-Fiアクセスを提供し続ける、クラウド(Cloud)との既存のWi-Fi契約を延長したと報告した。

無料のWI-Fiを提示するクラウドが備えた一時的な準備として、オリンピック・パラリンピック大会中にポピュラーであった前の3か月と比較して、ほとんど2倍になるネットワーク・ユーザーがいると分かった後、合意はできた。

つまり、デパート、競技場、野球場、金融街、ホテルなどは、無料のWI-Fiアクセスを提供し続けることで、集客能力は倍増している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

クラウドは、それが2007年に最初にSquare Mileで単一のWi-Fiット・スポットに変換した時、全面的な、都市全体に渡る報道を提供するイギリスで最初の公のWi-Fi供給者であった。

今まで、有料のアクセスに移る前には、ネットワークが15分間、誰にでも利用可能であった。
しかし、新しい合意ではタイム・リミットを廃棄し、事実上無制限のアクセスタイムを提示した。

クラウドは、さらに無料コンテンツ・ポータルにスカイ・ニュース、スカイ・スポーツ・ニュースからの最新ニュースを供給している。
また、ライブのTfL旅行を含む旅行情報と同様に、最新版を供給している。

ロンドン市株式会社のポリシー・チェアーマンであるマーク・ボラート(Mark Boleat, Policy Chairman at the City of London Corporation)は、
「Square Mileは、10,000人の居住者、400,000人の労働者および年間500万人のビジターの故郷です。世界がグローバルな金融とビジネス中心をリードしているとともに、ロンドン市は、イギリスでスマートフォンの中で最も大きな集中のうちの1つを移動中の重大な情報のアクセスに対して、最良の通信インフラを重大に重要に非常に設置しています。」と言っている。

もっとも早い情報を必要とする場所、独自の情報を配信し、集客を求め、同時に商品の販売に結びつける必要がある空間などに、Wi-Fi が整っていない日本が勝てるわけがない。

ロンドンの金融街Square MileのGoogle Earthポインター情報
51°30'4.58"N,0° 1'33.12"W
または、
51.501272, -0.025867

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。