on-the-time.jp

2012年12月18日

カラチのポリオ殺害と、その予防価値の損害!

BBC Newsは、パキスタンでポリオ(polio/急性灰白髄炎)と戦うヘルスワーカーは、努力に高価格を払っていると報告した。

何万ものヘルスワーカーは、国中で何百万もの子どもを免疫にするために通り組ごとの数か月を砕いてきた。
また、それらは命に係わる危険にもかかわらず、成長している。

ポリオ風土病は三国だけで残っている。
パキスタンは、そのうちの1つで、それが根絶されたエリアへのこの害の大きい疾病を広げる可能性と共に、まだ残っている。

大きなエリアに影響力を与えるグループは、特に北の西で、強くキャンペーンに反対している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

大部分の理由は、強力なセキュリティ設立での要素から、部分的、あるいは全く強さと支援を取り出した宗教の闘士のより広い移動で自分のためのスペースを作る、地方宗教団体による試みにある。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、1994年にパキスタンでポリオ根絶イニシアチブを始めた。

プログラムの下で、技術的および財政的援助を提供した。
その一方で州の健康部は、現場スタッフを提供した。

キャンペーンは、次の10年にわたって着実に進歩しました。
また、28のケースだけが2005年に報告されて、ポリオの発生率はその底を打った。

しかし、その年、Maulana Fazlullahによって実行されるFMチャンネル、いわゆるムッラー・ラジオ(Mullah Radio)の到来で特徴づけられた。

この人は、タリバンの闘士をリードし、北の西部地域で殴打した。

彼は、性的に子どもを殺菌し、かつそのためにイスラム教徒の人口をコントロールするために、それをアメリカ人による共謀と呼んで、ポリオ免除キャンペーンへの敵意を作成するために彼のラジオ説教を使用する、最初の聖職者になった。

その説教は殴打の中で全く混乱を生み、地域コミュニティー・メンバーによって、国のヘルスワーカーに対する最初の攻撃に結びついた。

1年以内に、北西部の種族の地域で多くのFMチャンネルは、ヘルスワーカーのための大気を毒するポリオ根絶キャンペーンに関して不正と叫んでいた。

そのとき、宗教団体は、ヘルスワーカーが地元住民をひそかに見張る外国の力によって使用されていた議論のような、免除プログラムを無視する他の理由を考え出した。

パキスタンの医者がアメリカのCIAがアボッタバードの家でアル・カイダ・リーダー、オサマ・ビン・ラディン(al-Qaeda leader Osama Bin Laden in a house in Abbottabad)を確認するのを助けた偽の予防接種キャンペーンをしたことで非難された時、この議論は推進力を見つけた。

そのとき、アメリカはそこまで考えていなかったことだろう。

過去5年間に、ヘルスワーカーはコミュニティーで手荒く扱われ、あるいは組織化されたグループによって誘拐され、さらに殺された。

今年の初めに、ワジリスタンの種族の地域をコントロールする武装組織は、全地理的地域を横切った最初の非公式の全面禁止で、子どもの予防接種を許可することを拒絶した。

当局は、ワジリスタンで約250,000人の子どもに予防注射をすることを望んでいた。

その結果、2011年に198のケースに達して、ポリオの発生率は上昇中である。

ほとんどのこれらの場合が北の西からであることが報告されている。

ペシャワール州の健康部によれば、それは、Khyber Pakhtunkhwa州および隣接した種族の地域は45を占め、2012年には、56のケースが報告された。

職員は、中国と近隣したアフガニスタンのポリオの流行病と、さらに最近の発生に対して、パキスタンの状況が部分的に責任があることを示した。

さらに、ウイルスが、ポリオ事例は今年報告されていないがインドへ国境を越えるかもしれないという恐れがある。

宗教および武装組織による敵意はパキスタンでポリオの根絶にとってのただ一つの障害ではないかもしれない。

免除キャンペーンは、軍事作戦が進行中か、ここで雨と洪水が人口を根絶しており、過去2年間で長い期間コミュニケーションを分裂させているエリアで苦しんでいる。

しかし、好戦性の普及は主な要因になった。
また、カラチの事件は、敵意を持ったコミュニティーの個人ではなく、ヘルスワーカーを対象として、組織された武装組織に雇用された狙撃兵であった。

今後数日間で、パキスタンで活動する約80,000人のヘルスワーカーは、3日間のキャンペーンのために受け取る1,500のルピー(US$15)料金が、その危険に対して価値があるかどうか、ヘルスワーカー自身に尋ねることを強いられる。

先進国では、助けようとしているののなぜだと言うことになるが、その支援を利用した軍事作戦が、最悪の結果に結びついている。

これは、アメリカの責任である。
何を優先させるかと言うことを間違えた。
先進国の常識が、世界の常識ではないと言うことでもある。

2012-12-18---パキスタンのカラチで、ポリオの予防接種労働者が射殺された。
2012-02-20---インドは、どのようにして、ポリオの戦いで著しい成功をしたか!?
2012-01-12---インド、ポリオ根絶を宣言!
2010-05-23---MMRワクチン接種と自閉症の関係を明らかにした医師への判決。
2001-10-19---世界で最初の天然痘がBC1万年頃起こった。
1979-10-26---地球上から天然痘が根絶されたと宣言した。
1976-09-18---種痘の定期接種を中止した。
1962-01-11---イギリスで天然痘の伝染が確認された。
1899-12-17---東京の水道工事が完成した。
1875-01-12---第10代皇帝同治帝が病死した。
1832-01-26---天然痘ワクチンのジェンナーが 死去した。
1796-05-14---最初の天然痘種痘がはじまった。
1771-08-15---作家のジョン・ウィルソンが生まれた。
1749-05-17---天然痘ワクチンのジェンナーが生まれた。
1732-03-31---作曲家ハイドンが生まれた。
1727-03-20---ニュートンが死去した。
0752-04-09---東大寺の大仏開眼供養が行われた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告