on-the-time.jp

2012年12月18日

Facebookの写真を共有するサイトInstagramは、写真へのアクセスを売る。

BBC Newsは、Facebookの写真を共有するサイト「Instagram」は、advertisersInstagramで広告主に写真へのアクセスを売ろうと努力していると報告した。

さらに、通知のないユーザの写真を売る権利を広告主に権利を与えるため、その個人情報保護方針を更新した。

もしユーザが2013年01月16日のデッドラインまでに、Instagramアカウントを削除しなければ、それらは抜けることがでなくなる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

変更は、さらにInstagramの親会社Facebookが、さらに他の系列会社を持ったそのユーザーおよび広告主に関する情報を共有することができることを意味した。

その動きを「遺書」にたとえると共に、一人のソーシャルメディア・ユーザーを怒らせた。

新しいこの政策変更は、4月にFacebookにより、InstagramをUS$10億での獲得に続いた。

Facebookの副社長で、グローバル・マーケティング・ソリューションのキャロリン・エバソンは今月の初めに、
「結局、私たちは、Instagramで貨幣を鋳造する方法を考え出すでしょう。」
と言っている。

Instagramサイト上の個人情報保護方針を更新する通知は、
「We may share your information as well as information from tools like cookies, log files, and device identifiers and location data with organisations that help us provide the service to you... (and) third-party advertising partners.」
その利用条件では、
「To help us deliver interesting paid or sponsored content or promotions, you agree that a business may pay us to display your username, likeness, photos, in connection with paid or sponsored content or promotions, without any compensation to you,」と言っている。

しかし、Instagramは、その目標がFacebookで働くことをより簡単にすることであると言った。

Instagramが公開したステートメントは、
「This means we can do things like fight spam more effectively, detect system and reliability problems more quickly, and build better features for everyone by understanding how Instagram is used,」と言っている。

しかし、最新の政策は、それがどのように写真所有権を扱うか、あるいは、誰がユーザの写真を見ることができるか、変更しないだろう、とそれが付け加えた。

新しい政策は、ソーシャルメディア・ユーザーの間の反動をやめることであるに脅かすことと共に引き起こた。

1人のユーザは、
「さようなら#instagram。あなたの新しい利用規約は全く愚かです、また無意味。大物と遊ぶ幸運。」と書き込んだ。

ニューヨークの写真家クレイトン・クビット(Clayton Cubbit)は、新しい政策が元あった彼のアカウントに、「Instagramの遺書。」と書いた。

アナリストは、新しい政策はFacebookの評判に打撃を与えるかもしれないし、何人かのユーザーを疎外するかもしれない、と言った。

TechMarketViewのチェアーマンであるリチャード・ホルウェー(TRichard Holway, chairman of TechMarketView)は、
「すべての時間、Facebookは、それが反動ヘ導いたそれらの個人情報保護方針を変更しました。また、それらは、退却することを強いられました。それらはコストで人々のプライバシーをいじくります。人々は非常に混乱しています。」といった。

451のリサーチの調査担当重役アラン・ペルツ=シャープ(Alan Pelz-Sharpe, research director at 451 Research)は、
「それは素面の戦術です、それはFacebookでコミュニケーションする、また、Instagramはとりました、そして多くの挑戦に、法律上倫理的に恐らく遭遇する。

「実は、フェースブックは臨界量を持っており、そのような動きがビジネスのフライトではなく騒動を引き起こすかもしれないと全く確信しています。」
「特定の規則がそれらに追いつくことができる前に、私たちが過去にGoogle見たように、Facebookのようなより大きな会社は本質的に先駆的です。規則と法は、事業活動への実際の衝撃を制限しました。したがって、それらは、反対にかかわらず前進する傾向があります。」と付け加えた。

Facebookのプライバシー問題は、過去にスキャンダルになった。

2007-10-16---Facebookは子供を守る条件を了承した。
2007-10-25---Facebookのユーザー利用承諾条件に「奴隷契約」発見!?
2007-11-05---FTCの警告を無視する「MySpace」と「Facebook」!
2007-11-06---「Facebook Ads」は、インターネット広告を変えるか?!
2007-11-07---Facebookがばらまく餌と、そのスイッチ!
2007-11-26---非難の的になっているFacebookの広告戦略!
2007-11-29---プライバシー問題で総攻撃を受けたFacebookは機能を縮小!
2007-12-05---Facebookが謝罪した。
2007-12-12---Facebookの失敗!
2007-12-12---Facebookの新しい戦略。
2007-12-25---Facebookが、再度プライバシー問題?
2008-01-23---Facebookのプライバシー・スキャンダルは、珍しいことではない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。