gaYa広告

2012年12月17日

民主は公示前の約4分の1。自公325議席獲得して圧勝。

第46回衆議院総選挙が2012年12月16日に投票し、即日開票された。
政権与党であった民主党は、公示前の約4分の1に落ち込む57議席と歴史的な惨敗で、一方、自民党は294議席、公明党は31議席で、合わせて総数480議席の3分の2を超えて325議席を獲得して圧勝し、3年3カ月ぶりに、連立で政権復帰を確実にした。

自民党は地方に加え、2009年の前回選で大敗した都市部も復調した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

自民党は衆議院の常任委員長を独占したうえで、委員数でも過半数を占める「絶対安定多数」の269議席を大きく上回った。
自公両党は衆院の3分の2(320議席)以上を確保したことで、法案を参院で否決されても衆院で再可決して成立できる。
ただし、参院は自公でも過半数に達しないため、衆院優越の規定がない国会同意人事などは他党の協力が必要になる。

これにより、自民党の安倍晋三総裁は2012年12月26日に召集予定の特別国会で首相に指名され、自公連立政権を発足させることになった。
これは、安倍晋三総裁が首相として再選されると。、1948年の吉田茂元首相以来、64年ぶりのことになる。

今回の選挙は、12党の乱立により、既成政党への批判票となり、その分散も自民党の躍進を後押ししたと日本経済新聞は分析している。

ただし、小選挙区の推計投票率は59.26%と、前回よりも10ポイントほど下回り、戦後最低の水準となった。
選挙制度自体を修正しないと、国民と政治の間が、どんどん隔たっていくことになる。
以前、東京都選挙管理委員会が、選挙をすれば民主主義などと言っていたが、大きな勘違いである。

民主党は野田佳彦首相が目標に掲げた「比較第1党」には遠く及ばなかった。
2005年の郵政選挙時の113も下回り、1998年の結党以来の過去最低となった。
現行の小選挙区比例代表並立制での第2党の最少議席記録を更新した。
これを受け、野田佳彦首相は2012年12月16日夜、都内で記者会見し、「敗北に至った最大の責任は私にある。結果を重く受け止め、民主党代表を辞任する」と語った。

注目された日本維新の会は54議席で第3党に躍進した。
みんなの党は倍増して18議席。
日本未来の党は公示前勢力から激減した9議席。
共産党は8議席。
社民党が2議席。
新党大地と国民新党がそれぞれ1議席。
無所属が5議席となった。

自公両党は衆院の3分の2(320議席)以上を確保したことで、日本維新の会は野党にとどまった。

2012年12月17日に、東京株式市場では、日経平均株価が一時9900円台を回復した。取引時間中に9900円を上回ったのは4月4日以来、約8カ月半ぶりになった。

不景気になると、安定政権として右翼の台頭が叫ばれると言われたが、まさに右翼の大勝になった。

2012-11-16---野田佳彦首相が来月総選挙に先立ち、議会を解散した。
2012-11-12---中国、ダライ・ラマが日本の右翼と提携したと非難!
2012-09-25---日本・中国の外務大臣は議論された島をめぐる苦しい対立で会談。
2012-09-25---中国は日本との島会談で主権を警告。
2012-09-23---中国は一方的に、日本との外交イベントをキャンセル!
2012-09-14---尖閣湾列島の近くを航海する中国の監視船。
2012-09-12---中国-日本列島問題で、米国が両国に頭を冷やすように要請!
2012-04-21---オランダ予算削減会談、崩壊。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。