gaYa広告

2012年12月04日

クアルコム、シャープとのディスプレイ合弁事業にUS$1億2000万!

Cellular-Newsは、米国のクアルコム(Qualcomm)が、苦闘している日本のエレクトロニクス・メーカーのシャープとディスプレイの生産のために合弁事業にUS$1億2000万と投入し、株を買って元気をつけることで協力していると報告した。

シャープのディスプレイ技術は、世界最高水準であり、大きく貢献できることだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

クアルコムによる株式投資は段階的に起こることになる。
そして、業務の完成は、特定の偶発の影響を受ける。

シャープと最後の1年半の間開発活動に携わっていてクアルコムの子会社Pixtronixの2社の間で、シャープのその株式投資と拡張された共同開発契約が既存の作業に基づくと、クアルコムは言った。

2つの会社によって共同で開発されているMEMSディスプレイは、高い色再現性および低消費電力を含む特徴を備え、非常に素晴らしい製造技術および既存のディスプレイ生産インフラストラクチャーを使用できるディスプレイである。

MEMSディスプレイの商業化のための開発は、シャープのの中核ディスプレイ技術IGZOとPixtronixのMEMSディスプレイ技術の統合により達成される。

クアルコムの上級副社長でグループ代表デレク・アベルレ(Derek Aberle, executive vice president and group president of Qualcomm)は、
「共同で新しいMEMSディスプレイ技術を商業化するためにシャープと、私たちの既存の関係を拡張することは、両社が高機能で、様々な装置のためのより低いパワー・ディスプレイ、スマートフォンを含んで、タブレットを駆り立て、共有されるゴールを実現するのを助けるでしょう。」と言っている。

シャープへのUS$41億2,000万投資はMEMSディスプレイおよび必要な資本投資の開発に使用される。

2つの会社は、さらにクアルコム・テクノロジーズおよびモバイルのターミナル用のIGZOベースのディスプレイ技術によってチップセットの一層の共同作業の可能性を考慮する。

シャープは、ソーラー・パネルでも世界最高技術を持っている。

世界中が、技術のシャープを助けようと動き出している!

シャープ本社のGoogle Earthポインター情報
34°37'17.69"N,135°31'1.12"E
または、
34.621581, 135.516978

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告