on-the-time.jp

2012年12月04日

クアルコム、シャープとのディスプレイ合弁事業にUS$1億2000万!

Cellular-Newsは、米国のクアルコム(Qualcomm)が、苦闘している日本のエレクトロニクス・メーカーのシャープとディスプレイの生産のために合弁事業にUS$1億2000万と投入し、株を買って元気をつけることで協力していると報告した。

シャープのディスプレイ技術は、世界最高水準であり、大きく貢献できることだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

クアルコムによる株式投資は段階的に起こることになる。
そして、業務の完成は、特定の偶発の影響を受ける。

シャープと最後の1年半の間開発活動に携わっていてクアルコムの子会社Pixtronixの2社の間で、シャープのその株式投資と拡張された共同開発契約が既存の作業に基づくと、クアルコムは言った。

2つの会社によって共同で開発されているMEMSディスプレイは、高い色再現性および低消費電力を含む特徴を備え、非常に素晴らしい製造技術および既存のディスプレイ生産インフラストラクチャーを使用できるディスプレイである。

MEMSディスプレイの商業化のための開発は、シャープのの中核ディスプレイ技術IGZOとPixtronixのMEMSディスプレイ技術の統合により達成される。

クアルコムの上級副社長でグループ代表デレク・アベルレ(Derek Aberle, executive vice president and group president of Qualcomm)は、
「共同で新しいMEMSディスプレイ技術を商業化するためにシャープと、私たちの既存の関係を拡張することは、両社が高機能で、様々な装置のためのより低いパワー・ディスプレイ、スマートフォンを含んで、タブレットを駆り立て、共有されるゴールを実現するのを助けるでしょう。」と言っている。

シャープへのUS$41億2,000万投資はMEMSディスプレイおよび必要な資本投資の開発に使用される。

2つの会社は、さらにクアルコム・テクノロジーズおよびモバイルのターミナル用のIGZOベースのディスプレイ技術によってチップセットの一層の共同作業の可能性を考慮する。

シャープは、ソーラー・パネルでも世界最高技術を持っている。

世界中が、技術のシャープを助けようと動き出している!

シャープ本社のGoogle Earthポインター情報
34°37'17.69"N,135°31'1.12"E
または、
34.621581, 135.516978

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。