2012年12月03日

ITUとGoogle、ドバイ会議で対決!

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、インターネットが主流になる前の1988年以来更新されていないテレコム規則上の条約を協定するために、193カ国から2000人の代表が、ドバイでWCIT(World Conference on International Telecommunications/国際電気通信)に関する世界会議ドバイ会議(Dubai conference)のために会合して、高齢者、身体障害者やアクセス環境がない人を含め、世界の46億人すべてをカバーするITRs(International Telecommunications Regulations/国際電気通信レギュレーション)について話し合われた。

そして、最も論争の的になったWebコンテンツを伝える経済モデルであった。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

すべての誇張法、および自由なインターネットの将来に関する大量の報道の中で、条約は、最新のインターネット・ロビーと通信事業会社の間の長く行われた戦いになった。

実業界を含んで、大手企業に役立つだろうが、お金のない人の個人とそれほど裕福でないビジネスに刑罰を科すことになる点の懸念であった。

議論の向こう側で、発展途上国がそれから西側のインターネット会社が彼ら自身が出費しないで、新しい市場に着くのを可能にする。
インストールして実行するお金がかかる基盤で労せずして得ている結果では、ブロードバンド・ネットワークを確立しなければならなくて、資金を供給しなければならないと、ETNO(European Telecommunications Network Operators' Association)によってWCITの代表に選ばれた携帯電話会社は、主張した。

2012-11-22---欧州議会は、インターネットをITUが引き継ぐのを止める。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告