2012-12-03

イギリスの警察はTwitterを使って、iPad所有者を6,000マイル遠方まで追跡。

Cellular-Newsは、イギリスの警察が、ほぼを6,000マイル遠方で生活しているタイの所有者と、消えたiPadを探し出すためにTwitterを使用したと報告した。

iPadは今年の初めにハロゲット警察へ渡された。

また、PCエド・ロジャーソン(PC Ed Rogerson)は、ソーシャル・メディアが、所有者を見つけるのを支援するかもしれないと確信していた。

デバイスにログオンしなでアクセス可能だった写真を使用して、PCロジャーソンは、飛行チケットの写真およびmそれの誰が所有者だったと信じられたかといっていくつかの写真を見つけた。

彼は、所有者の写真をTwitterに投稿した。
それは、2,000人および航空券上で名前を見つけ、使用されたTwitterの検索能力を使って、再度Twitterに投稿した。

その探索は所有者の名前の中で不活発なTwitterアカウントに結びついた。
また、彼女の追随者のうちの1人と連絡をとることによって、PCロジャーソンは所有者と接触することができた。

PCロジャーソンは、
「iPadの所有者を見つけようと努め始めた時、私は、彼女がタイにいるだろうと思いませんでした。
しかし、ソーシャル・メディアの力のおかげで、私は彼女を識別し、彼女と接触し、特性を返すために整えることができました。」
「オンライン・コミュニティーからの応答は驚くべきです。再度ツTwitterに投稿し、私に彼女を見つける方法についてのこつを与えることにより支援した、Twitter上のすべての人にありがとう。」と言っている。

iPadの所有者、良いニュースを得て、タイのナコーン・ラチャシーマー州(Nakhon Ratchasima Province of Thailand)から、Jukjikはうきうきして、彼女は(@Jukjikka)で次のように言った。

I was very, very pleased and very happy when I heard that my iPad had been found. I can't believe you managed to track me down just through Twitter! Now I can see all the photos I took when I was in England and have a nice reminder of my holiday. A big thank you to PC Rogerson and North Yorkshire Police.