AD SPACE

2012-12-07

クリントン・ゴジラ火を噴き、米国とロシアがシリアの仲裁支持で合意。

AP通信はに、米国国務長官ヒラリー・ロダム・クリントン(U.S. Secretary of State Hillary Rodham Clinton)は、政治的な推移でもたついているシリアで、すべての党ーと調停努力を支援することで米国とロシアが合意したと言ったと報告した。

しかし、彼女は、シリアのバッシャール・アサド大統領(Syrian President Bashar Assad/bah-SHAR' AH'-sahd)がアラビア人の国のために民主主義の将来を確保する権力から去らなければならないと言った。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、彼女は、シリアのバッシャール・アサド大統領(Syrian President Bashar Assad/bah-SHAR' AH'-sahd)がアラビア人の国のために民主主義の将来を確保する権力から去らなければならないと言った。

ワシントンとモスクワは、暴力を止める方法上でシリアの21か月も続く内戦の全体にわたって繰り返し、衝突してきた。

新しい努力として、シリアが新しいパスを前に進めようとするために、クリントンはロシアの外務大臣セルゲイ・ラブロフ(Сергей Викторович Лавров/Sergey Viktorovich Lavrov/1950 - )および国連の和平特使ラクダール・ブラヒミ(الأخضر الإبراهيمي‎/ Al-Akhḍar Al-Ibrāhīmī/Lakhdar Brahimi/1934 - )に会った。

パレスチナ問題を始め、誰もがお手上げ状態になると、クリントン・ゴジラが火を噴き、すべてを解決している。
もの凄い!

アナン国連シリア問題特使は、和平取り組み成果なく、2012年7月8日に失敗を認め、2012年8月3日に辞任している。

男が、すべて馬鹿に見えてくる!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.