gaYa広告

2012年12月07日

アポロ17は発射。

NASAは2012年12月07日に、第11番目の有人飛行ミッションで、第6番目の月面着陸ミッションであった巨大な、高さ363フィートのアポロ17(Apollo 17/Spacecraft 114/Lunar Module 12/Saturn 512宇宙船114/ルナ・モジュール12/サターン512)宇宙船は、フロリダのKSC(Kennedy Space Center/ケネディー宇宙センター)発射施設39のパッドA(Pad A., Launch Complex 39)から、アポロ計画史上初めて、1972年12月07日の夜間に発射したと報告した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

アポロ17に乗った宇宙船は、
指揮官の宇宙飛行士ユージーンA.サーナン(astronaut Eugene A. Cernan, commander)
司令船パイロットの宇宙飛行士ロナルドE.エヴァンス(astronaut Ronald E. Evans, command module pilot)
また月着陸船パイロットで、科学者宇宙飛行士ハリソンH.シュミット(scientist-astronaut Harrison H. Schmitt)であった。

アポロ/サターンの第1段階(S-1C)の5F-1エンジンからの炎は、夜間場面を照らし出した。

アポロ17は、2時間40分遅らせて始まった。

また、アポロ計画で、アポロ17は最後に月面に2人の宇宙飛行士の足跡を残した。

Photo credit: NASA

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。