2012-12-03

超高層ビル(Skyscraper)物語。

BBC Newsは、超高層ビル物語(Skyscraper stories):空を目指すこと(Reaching for the sky)を公開した。

2012年は世界で最も高い超高層ビルにとって、画期的な年であったと報告した。

私は偶然、先日KKベストセラーズが2002年03月25日に出版したアンガスKギレスピー(Angus Gillespie)著/秦隆司訳の「世界貿易センター---失われた都市の物語(Twin Towers:The Life of New York City's World Trade Center)」を読んで、それが、大きいことは良いことだという時代から、バーンハムの言葉「小さな計画は立てるな。小さな計画は人々を沸かすことはない。」を実際に実現しようとして、その途中にアーンストFシューマサーの「Small is Beautiful(小さいことは美しい)」と言う時代に変化していったときに建設されたと紹介している。

「人間は小さいものだ、ゆえに小さいことは美しいのだ。巨大化は自己破壊への道に通じる。」という言葉が、そこに未来予測を感じさせてくれた。

それと同時進行したのが、ベトナム戦争であった。

では、現代の超高層ビル建設は、何?

ヨーロッパの新しい最も高い建物「the Shard in London」が作られ、年末までに除幕を見る。
世界の100戸の最も高い建物のほぼ四分の三は、西から東への劇的な変更として、アジアおよび中東にある。

Burjの実行。(Running the Burj)
世界で最も高い建物、160階以上の競争で、ドバイのBurj Khalifaのメンテナンス・チームは、昼も夜も手一杯である。
サイモン・アトキンソン(Simon Atkinson)は、世界で最も高い建物を滑らかに走らせておくことが何を必要とするか知っている。
続くことに浪費に対処することから、ウィンドウは清潔にすることであった。

74階の生活。
超高層ビルを自宅にした家族。
超高層ビルはオフィスビルとして伝統的に使用されたが、今、ますます多くの人々の自宅になっている。
ダンカン・ケネディ(Duncan Kennedy)は、世界で最も高い居住の建物のうちの1つ、メルボルンのEureka Tower in Melbourne, Australiaの74階に住む落ち着いた1組の家族に会うため訪れた。

高層のヒーロー。
超高層ビルを建造するということは、どのようなものなのかということで、ロンドンのLeadenhallビルは、首都に建築中で、現在多くの新しい超高層ビルのうちの1つである。
サイト上で建設チームとそのまわりで、高さに取り組む危険(また興奮)について知識を得るためにBBC Newsは取材した。

空の街。

それは、水平の街を垂直の建物へもたらすことでもあった。
ますます多くの人々が高層建築に住み働いて、建築家は、居住者がある程度の新鮮な空気を社会的にし、訓練し、かつ得るべき場所を提供する水平のスペースを導入する見つける方法に、ますます関係のあるようになった。

Sharanjit Leylは、「空庭」とリンクされた7つのビルの公営団地シンガポールのピナクル@ダクストン・ビル(Pinnacle@Duxton building in Singapore)を訪れた。

「ズボン」建物?
見解は最新の超高層ビル・プロジェクトに関して分裂した。

中国は最近の10年間の超高層ビル・ブームの中心で、今、33都市を横切って高さの中に200m以上の200戸を超える建物がある。
しかし、ジョン・スドワース(John Sudworth)は、蘇州市(苏州市/Suzhou)で1つの異常な建築プロジェクトを訪れた時、その傾向は、論争なしではありえなかた。

地下に向かう!
地下350mのリフト試験設備。
超高層ビルのリフト・システムをテストする従来の方法は、特に目的のための高層建築を建設することであった。

しかし、レベッカ・イヌホオズキ(Rebecca Morelle )が見つけ出したのは、フィンランドの主要なリフト・メーカーが理想的な選択肢を見つけた。

ヘルシンキの近くの休鉱軸を引き継ぐぎ、地下350mまで伸びる世界で最も高いリフト試験設備を建造した。