gaYa広告

2012年11月28日

NY在住の女性が肥満で航空機に乗れず、ハンガリーで死亡!

美容と医学の科学

AFPは、母国ハンガリーを訪れていた米国のニューヨーク(New York)在住の女性が、肥満のために航空機に乗ることができず、代替の帰国便を探す中で死亡した。
遺族は航空会社を相手取り損害賠償を求める訴訟を起こしたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ニューヨーク・ブロンクス(Bronx)区在住のヤノス・ソルテス(Janos Soltesz)と病気の妻ビルマ(Vilma)は2012年10月、デルタ航空(Delta Air Lines)とKLMオランダ航空(KLM)に、体重180kgのビルマが座ることのできる座席がないと言われ、ハンガリーから帰国することができなくなった。

ソルテス夫妻は当初、ハンガリーの首都ブダペスト(Budapest)からKLMで帰国しようとしたが、KLM側からはチェコのプラハ(Prague)に行って提携先のデルタ航空(Delta Air Lines)が運航する大型の航空機に乗るよう告げられた。
だが夫妻はデルタ航空にも搭乗を拒否され、さらにルフトハンザ・ドイツ航空(Lufthansa)の航空便に乗ろうとしたが、そこでも断られた。

米国のCBSによると、ビルマが乗れる便が見つかったのは、当初予定の航空便から9日後だった。
そのとき、ビルマはすでに死亡していた。

夫のヤノスは航空会社を相手取り、US$600万(約5億円)の賠償を求める訴訟を起こした。
ヤノスの代理人を務めるピーター・ロナイ(Peter Ronai)弁護士は米国のCBSに、「航空会社は責任をもって彼女をハンガリーに連れて行った。ハンガリーから彼女を帰すのも彼らの責任だ。彼女がハンガリーに行けたのに帰ってこられないというのはどういうことなのか、私にはさっぱり理解できない」と述べた。

デルタ航空の広報担当者は、AFPの取材に対し、ソルテス夫人を航空便に乗せることは「物理的に不可能だった」と述べ、「デルタとKLMは、家族を支援するためにできる限りのことをした。プラハではデルタ航空のスタッフが1時間近くにわたって、航空機に搭乗させようと努力したが、不可能だった」と語った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告