2012-12-03

ヴァージン航空の株式の49%をシンガポール航空が売る会談中!

BBC Newsは、ヴァージン・アトランティック(Virgin Atlantic)の49%の株をシンガポール航空(Singapore Airlines)が売るために会談中であると報告した。
ただし、ロイター(Reuters)とブルームバーグ(Bloomberg)を含む通信社は、無名の出所によって、デルタ航空(Delta Air Lines)が利害関係者であると報告した。

億万長者リチャード・ブランソン(Billionaire Richard Branson)は、ヴァージンの51%を保持し、コントロールしている。

ヴァージンとの協力は、米国ベースのデルタ航空が米国とロンドンの間の利益で、高い大西洋横断の業務渡航者市場にアクセスすることを可能にする。

シンガポール航空は、2000年にバージンの49%の株を£551m(US$8億8400万)で買った。

その時以来、シンガポール航空はヴァージンに一層の資本を注入しており、今、その総投資を£6億25万と評価している。

シンガポール航空は、恐らくその持ち株を奪うために、それが「利害関係者との議論中」であると簡潔な声明で言ったが、潜在的買い手を指名していない。

その会談が、処理に結びつくかもしれないし、結びつかないかもしれないと付け加えた。

それがロンドンのヒースロー空港へのそのアクセスを増加させるように見えるので、米国で2番目に大きな航空会社デルタは2年間以上バージンを受け入れることを期待している。

ヴァージンは、発着枠を得るのが難しいヒースロー空港で、2番目に大きな航空会社である。

ヴァージンは、さらにそのオプションを調査するために、2010年にドイツ銀行を雇って、投資者を捜している。

世界中で、航空会社の経営は厳しうなっている。

2011-01-10---リチャード・ブランソン卿が先月の雪で空港料金を払わないと言いだした。
2010-06-16---Virgin Atlanticが機内での携帯電話使用を可能にする。