on-the-time.jp

2012年12月03日

ヴァージン航空の株式の49%をシンガポール航空が売る会談中!

BBC Newsは、ヴァージン・アトランティック(Virgin Atlantic)の49%の株をシンガポール航空(Singapore Airlines)が売るために会談中であると報告した。
ただし、ロイター(Reuters)とブルームバーグ(Bloomberg)を含む通信社は、無名の出所によって、デルタ航空(Delta Air Lines)が利害関係者であると報告した。

億万長者リチャード・ブランソン(Billionaire Richard Branson)は、ヴァージンの51%を保持し、コントロールしている。

ヴァージンとの協力は、米国ベースのデルタ航空が米国とロンドンの間の利益で、高い大西洋横断の業務渡航者市場にアクセスすることを可能にする。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

シンガポール航空は、2000年にバージンの49%の株を£551m(US$8億8400万)で買った。

その時以来、シンガポール航空はヴァージンに一層の資本を注入しており、今、その総投資を£6億25万と評価している。

シンガポール航空は、恐らくその持ち株を奪うために、それが「利害関係者との議論中」であると簡潔な声明で言ったが、潜在的買い手を指名していない。

その会談が、処理に結びつくかもしれないし、結びつかないかもしれないと付け加えた。

それがロンドンのヒースロー空港へのそのアクセスを増加させるように見えるので、米国で2番目に大きな航空会社デルタは2年間以上バージンを受け入れることを期待している。

ヴァージンは、発着枠を得るのが難しいヒースロー空港で、2番目に大きな航空会社である。

ヴァージンは、さらにそのオプションを調査するために、2010年にドイツ銀行を雇って、投資者を捜している。

世界中で、航空会社の経営は厳しうなっている。

2011-01-10---リチャード・ブランソン卿が先月の雪で空港料金を払わないと言いだした。
2010-06-16---Virgin Atlanticが機内での携帯電話使用を可能にする。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告