2012-12-03

韓国人男性の新しい化粧習慣!美意識の目覚め!

美容と医学の科学

BBC Newsは、韓国の男性は、酒飲みで、勤勉で、彼らの国のために勇ましく戦うために準備された特別の種類のイメージがもたれている。

しかし、今、主な化粧品会社は、スキンケア製品に対する成長している関心および基礎かた、韓国の成人への異なる側を見ていると報告した。

2年間の義務兵役と孔子の文化の世紀は、多くの韓国の男性にジェンダーの深く、従来の感覚を残し、若いもの、韓国の女性は、この日についてしばしば不平を言ってる。

したがって、スキンケアと化粧に対する新しい欲求は少しの驚きとなってる。

ロンドンの市場調査会社ユーロモニター・インターナショナル(Euromonitor International)によれば、グローバルな経済危機にもかかわらず、韓国の男性スキンケア製品中の市場は昨年10%成長した。

韓国で最も大きな化粧品会社Amore Pacificは、成長が今約14%さらに高いと推測し、ほとんどUS$9億で市場と、年間評価額を置いた。

企業経営の26歳の学生Yu-jinは、洗顔クレンザー、反老化モイスチャライザー、目クリームを含む、5つの異なるスキンケア製品と同様に毎日、彼の顔をBBクリームとして知られているポピュラーなタイプの基礎化粧品を使用している。

彼は、「私はかつては悪いにきびがありました。しかし、BBクリームは私をはるかによくしてくれました。また、今、人々は、私がもっとハンサムに見えると言います。」、と彼が言った。

BBクリームは、治療の後に患者の傷跡を隠すために形成外科産業の中でもとで使用されていた。

それは今、男性と女性の両方へ、毎日の化粧品として広く売られている。

Yu-jinのブランドは鮮黄色プラスチック・チューブで、太陽光保護を備えた実用的で現実的な製品として売られている。

化粧の言及はしていない。
しかし、ベージュのクリームは、他の基礎が行う時に使っている。
カバー汚点および五分五分の形勢は皮膚の調子を追い出している。

「さらに、日焼け止めとして働くので、兵士だった時、太陽下、外に終始いたので、軍にいるとき、私はBBクリームを使用し始めました。」と彼が言いました。

「私は、それらの隊務を行う間に、この種のものが多くの韓国の男性に受け入れられていると思います。」と言っている。

韓国の男性は、2年間の義務兵役で、男性用化粧品に目覚める?