gaYa広告

2011年07月12日

シアナ・シャープの死を恐れないスタントのアート。

BBC Newsは2012年12月03日に、シアナ・シャープ(Seanna Sharpe/1987 - )が2011年07月12日に、285フィート上空のニューヨークにあるウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge in New York)上で不法なアクロバットのディスプレイを行なった時、あたかも飛んでいるかのように、彼女は感じたと言っているとインタビュー・ビデオを公開した。

すべてのアートが、小さく見える!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ラッシュアワー時の交通と列車の285フィート(87m)上に下がって、15分のショーは、1974年04月07日水曜日の朝午前07次15分頃から、高さ約411mのワールド・トレード・センター(World Trade Center)で一対のタワーを渡り歩いたフランス出身のフィリップ・ペティット(Phillipe Petit)の無許可の張り綱をニューヨーカーに思い出させて、見物人を驚かせた。

フィリップ・ペティットの75分間の綱渡りは、長さ約11mの棒だけでバランスを取っていた。
7回か8回もビルの間を行き来し、彼はツナの上で立ち止まり、寝ころんだりもした。
ある人は、逆立ちをしたと言ってる。

部分アクロバットで、部分ダンサーでもあった「空中曲芸師(aerialist(」シアナ・シャープは、阻止され、無謀で危険にさらしたとして告発された。

罪はその後、公のブリッジを侵害したことになった。

16歳でサーカスに参加し、現在25歳であるシアナ・シャープは、不法なスタントについてBBCに話しました、そして、なぜ彼女は、飛行の感覚を感じる彼女の生活を危くする覚悟をしていたかについて語った。

ニューヨークにあるウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge in New York)のGoogle Earthポインター情報
40°42'49.37"N,73°58'21.50"W
または、
40.713714, -73.972639

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。