2012年12月03日

スコットランドのアル中死は減ったが、まだ高い!

健康美容と医学の科学

BBC Newsは、NHS(National Health Service)からの報告によれば、スコッチやギネスで有名なスコットランドのアルコールによる死亡数は落ちたが、割合はまだ西および中央ヨーロッパで最も高いもののうちの1つである、と報告書で述べていると報告した。

死亡率は、出版によれば、2003年以来25%ずつ下ってきたが、イングランドとウェールズよりまだ、ほぼ2倍高かった。

また、飲酒のためにリンクした死は、1980年代の初めよりも2.5倍以上多かった。

健康大臣は、その問題に取り組もうとするために処置を講じた。

それは、来年実施される、アルコール価格の導入を含んでいました。
それは現在、裁判所で審議されている。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NHS健康スコットランドによって公表された報告書は、
* 前年の人口のうちの100,000人当たり22人と比較して、2011年のアルコールによる死亡割合は、100,000当たり21人に減った。
* 死亡率は2003年の100,000人当たり28人のピークから25%下がった。
* 男性は、2011年の死亡率は100,000当たり前年の32人から下降して、100,000当たり28人に減った。
女性は、2011年の死亡率は100,000人当たり13と比較して、同じ期間の間に100,000当たり14人から減った。
* 死亡率は人口のうち55-64年齢集団は、100,000人当たり60人で最も高かった。
* アルコール性肝臓疾患は2006年以来28%下がった。
* アルコールの害の縮小は、1人の大人当たり売られたアルコールのボリュームの下落と一致しました。
それは2009-11から5%下がりました。
* スコットランドのアルコール販売では1994年から10%で上昇した。
2011年に、スコットランドでは、1人の大人当たりに売られたのは11.2リットルで、1人の大人当たり1週間で平均21.6ユニットであった。
* イングランドとウェールズと比較して、スコットランドで大人1人当たり売られた量は合計20%より多くのアルコールで、スコットランドでより安い気分のより高いオフトレードセールで特にウォツカであった。

NHS健康スコットランドの主要な公衆衛生アドバイザーのクレア・ビーストン(Clare Beeston, principal public health adviser at NHS Health Scotland)は、
「その分析は、アルコール・アフォーダビリティと消費の確立した関係を支援します。
また、これらの改良のうちのいくつかは、消費パターン中の恒久的変更ではなく、後退の結果でしょう。
歴史的に見た場合に、それは経済が改善する場合に逆にになる傾向が)あります。」
「これらの改良が保持されることを保証するためにスコットランドが包括的なアルコール戦略を実践し続けることを保証することは重要です。」と言っている。

スコットランドは、「不釣り合いなもの」として、さらに、それがスコッチウイスキー協会(Scotch Whisky Association)によって法的根拠上で挑戦されている間に、EC(European Commission/欧州委員会)は動きを見つけたが、スコットランドは最小限の価格設定の導入がアルコールの1単位につき50pを襲うのを見ることになっている。

£10で3のようなマルチ買物割引を禁止するために、大臣も行動いた。

昔から、スコットランドのアルコール飲料問題は、多く指摘されてきた。

2012-11-15---妊娠中に、1週間当たり1〜2杯のワインでもIQに影響?
2012-11-03---飲酒飛行で鳥が集団死!?
2012-09-12---チェコで海賊版「スピリッツ」が、16人を殺した。
2012-09-11---酔っぱらいの親に乱用される子供!?
2012-09-01---ホワイトハウスはバラク・オバマの蜂蜜ビールのレシピを暴露。
2012-08-31---ビアグラス・デザインの変化と、飲用スピードの因果関係。
2012-08-29---女性の中で発見された「幸福」遺伝子。
2012-07-21---ロシアは印刷版とインターネットのアルコール広告を禁止。
2012-07-07---パラオは、ビールとマリファナの世界首都か?
2012-05-27---スコットランド、飲酒運転規則改定!
2012-03-30---科学的検証、酒を飲むと魅力的になる?
2012-03-22---イギリスで過去10年間に、肝疾患による死亡率が25%上昇。
2012-03-15---セックスに飢えたミバエほど、多くの酒を飲んだ!
2012-03-09---LSDは、「アル中患者」が飲酒を止めるのを助ける!?
2012-02-25---エジプトの首都カイロの「baladi」バーのビール、キャバレーと政治。
2012-02-05---政府キャンペーンは、アルコールを「あまり」飲みすぎないことを注意!
2012-01-01---お祭り騒ぎの後、1月になっての解毒は無意味!
2011-12-31---セックスとアルコールの危険性因果関係!
2011-12-13---飲酒運転は、車だけではなく、セックスも危険!
2011-11-04---ワシントンのバーで、キューバは、ヘミングウェイを思い出す。
2011-09-28---エクアドルの偽酒による殺人で逮捕!
2011-09-17---ドイツのミュンヘンで、世界最大のビール祭が開幕した。
2011-07-18---エクアドル、生と死のアルコールで21人死亡!
2011-04-14---アルコール中毒患者と携帯電話。
2011-03-15---深酒は、膵癌のリスクを上げる!
2011-02-23---ブルガリアは、ブランデーの値下げで、スピリッツを支援する!?
2011-02-21---イギリスでは、数1,000人が「アルコール死」のリスクがある!
2010-09-24---満月に醸造した神秘のビール「Paix-Dieu(平和の神)」を日本で販売。
2010-09-02---アルコールの消費量が続落し、麻薬の消費量が伸びている。
2010-09-02---ほろ酔いの日誌、台所の流し台の下に隠されたあなたの秘密の飲み物。
2010-08-30---スコットランド労働党の酒委員会の報告。
2010-05-29---スコッチ・ウィスキーと経済学。
2010-05-25---私のアルツハイマー病予防のため、一緒にお酒を飲んで頂けないでしょうか?
2010-01-18---イギリスで「飲み放題!」の宣伝禁止!
2009-12-20---水より安くビールを売ったとして起訴!
2008-08-07---NCAA、アルコール広告拒否!
2008-05-13---子供の酒とたばこ販売禁止で、ロンドンのスーパーが顔認証採用
2007-11-30---WNBCテレビが酒のコマーシャルを配信した。
2007-11-30---ニューヨーク一流TV局、「酒」の広告を開始!
2007-06-21---オーストラリアで、アボリジニに酒とポルノ禁止!
2007-03-07---ウィーンのKarlsplatz地下鉄駅は、麻薬常用者とアルコール中毒患者。
2007-02-05---米国の親は、子供のセックスやアル中より、メディアが心配!
2005-12-03---アルコール中毒、麻薬の乱用に匹敵するインターネット中毒の危険性!
2005-11-02---ドイツで車椅子の飲酒運転を禁止!
2005-07-07---麻薬、たばこの次は、酒
2005-02-04---屋根裏でジャンクフードを食べ、多量のアルコールを流し込む時代。
1997-01-25---偽酒中毒事件で、被告5人の死刑判決が確定した。
1946-08-08---ベニー・リンチがアルコール中毒で死去した。
1919-10-28---米国で禁酒法成立。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。