2012-12-03

バチカンは、ローマ法王のTwitterアカウントを発表。

BBC Newsは、バチカンが、ローマ法王は個人アカウント「@pontifex」を使用して、Twitterメッセージを送り始める、と言ったと報告した。

フォロアーは、急増している。
プロフィールを見たときに300,016で、次ぎに詳細情報を見たときには300,677になり、その間は数秒であったことから、もし、このカウンターが性格なら、その間に661件増えた。

スポークスマンは、8言語に翻訳されたツイーツで法王ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)が「皆に手を差し延べたかった(reach out to everyone)」と言った。

もちろん、だれでも法王ベネディクトXVにツイートできる。
みんなで法王に話しかけてみたらどうだろう。

法王のアカウントからの最初のツイートは12月12日に予定されている。
名前「pontifex」は、ブリッジのローマ法王と建築者の両方を意味する。

昨年、教皇庁のニュース情報ポータルを始めるために、ポープは、バチカン・アカウントから最初のツイートを送った。

バチカンへの上級のメディア・アドバイザーであるグレッグ・バークは、
「私たちは精神的なメッセージを得るつもりです。ポープはブラックベリーまたはiPadを持って歩き回るつもりでありません。また、誰も言いもしないことをポープの言ったことにしているつもりでありません。」と言っている。

世界にいる約12億人のローマカソリック教徒のリーダーが書き込むのではなく、個々のツイートに離れて署名する(自身)と予想されるが、ローマ法王は「ツイッターに投稿したいものをTwitterに投稿するだろう。」と付け加えた。

しかし、かなり監視の目は厳しいと言うことだろう。

バチカンは、140文字の中で信頼に関する質問に答えることに注目して、法王がQ&A形式を彼の最初のTwitterのセッションに使用するだろうと言った。

バチカンは、ポープが答えるべき時間に先立つ質問で送り始めることを人々に依頼した。

なんと、だれでも法王ベネディクトXVにツイートできるというより、それを求めている。

そのツイーツが彼の毎週の一般的な謁見からのメッセージ、日曜祝福、および世界の出来事へのローマ法王の反応と同様にキー教会休日の説教を強調すると予想されている。

BBCのデービッド・ウィリー(David Willey)はローマで、バチカンが1931年にバチカン・ラジオをセット・アップして、ラジオの発明者グリエルモ・マルコーニ(Guglielmo Marconi)を信頼し、長い間は過ぎ、広げるために最新のコミュニケーション技術を使用することに対する関心を示したと言った。

カトリック教会は、若い人々と通信するためにテキスト・メッセージとユーチューブを含むいくつかのソーシャルメディア・プラットフォームをさらに既に使用する。

それは誰にも続かないが、バチカン自身のTwitterアカウントにはほとんど110,000人の信者がいる。

ローマ法王の補佐は、コンピュータ・キーボードの使用ではなく、手書きで通信することをローマ法王が彼自身まだ好むと言った。

法王ベネディクトの6年におよぶローマ教皇の権威は、貧弱なコミュニケーションによってまごついた。

イスラムと暴力に関する彼の2005年のスピーチのような困難な問題、およびコンドームとHIVに対する彼のスタンスに関して厄介な解明を出さなければならなかった。

2012-11-09---ローマ法王、Twitterで「神の言葉」を定期発信。

Related Dates