gaYa広告

2012年12月03日

テレビは、第2スクリーン・ユーザーの中で成長。

AP通信は、テレビ視聴者は以前カウチポテトと呼ばれました。
しかし、多数が今、スマートフォン上のソーシャルメディアに接続され、一方でテレビを見る人々の中の爆発性の成長を説明すると、新しい報告書での発見によって判断し、タブレット間で、より活発になっていると報告した。

ニールセン(Nielsen)は、6月にTwitterを使用する3人のうち1人がテレビ番組の内容に関するあるポイントでメッセージを送った、わずか5か月前から、27%の増加であったと言った。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

また、それはオリンピックの前に起こった。
恐らく第2スクリーン使用法の範囲を説明する、最初の大きなイベントであった。

ニールセンのソーシャルメディアの副社長デルドレー・バンノン(Deirdre Bannon)は、「Twitterはテレビのための第2のスクリーンになりました。」と言った。

私のように、テレビを見ると時間の浪費と考える人にとっては、こんな情報をTwitterで見たくもないと思うが、現実はそこで爆発していた。

ソーシャル・ネットワーキングは非常に浸透しているようになっているので、研究では、18歳から24歳の人々の3分の1がバスルームにいる間に、サイトを使用することをほとんど報告することが分かった。

風呂場でテレビ!
そう言えば、昔サウナに行ったら、みんなが暑い部屋で汗を出しながら、全員が裸でテレビを見ていた。

さらに少なくとも一日に一度テレビを見ている間に、タブレット所有者の概算41%、スマートフォン所有者の38%は、彼らのデバイスを使用した、とニールセンが言っている。

そのパーセンテージはあまり変わっていない。
実際、スマートフォン所有者の40%は毎日の2重のスクリーン使用法を1年前に報告した、とニールセンが言った。

違いは、はるかにより多くの人々がこれらのデバイスを所有するようになったと言うことであった。
また、それらはより長い間に使用していた。

ニールセンは、1年前の同じ月818億からほとんど倍増にして、アメリカ人が2012年7月にモバイル・デバイスで合計1575億分を費やすと推測した。

米国のテレビ人間は、今も健在で、モバイル・カウチポテトに変化していた。

デルドレー・バンノンは、
「大きく面白い含意があります。」
「私は両方のテレビジョン・ネットワークを思います。また、広告主はその上にいます。」と言った。

では、モバイル・カウチポテト向けテレビ広告は、どう変化すべきか?

ソーシャルメディアは、ネットワークにそれらが行っていることの上で、リアルタイム・フィードバックを供給することができる。

人々が自分の批評を提供するために即座にTwitterを引き受けていたので、この秋の大統領候補者討論のモデレーターの実行は恐らく、これまでより注意深く見られた。

さらに、それはある矛盾する情報に向かていた。
Twitterは、テープ遅れに関するロンドンからの多くのオリンピックのイベントを放映するNBCの方針に関して苦情で、夏ざわめきいた。
しかし、ゴールデンアワー・オリンピック・テレビ放送のための格付けは期待を過ぎて急上昇した。

モバイル・カウチポテトのゴールデンアワーは、健在だった!?

テレビと、それに関してオンライン・コメントすることがこの秋別の大きな傾向と反対方向に走るように見えるだろうということに気をつける人々が増加している。
より多くの人々が、番組を録画し、後の時間にそれらを見ることが多くなる。

ただし、実際は録画すrことで、視聴者数を上げているが、録画を見たかどうかは確認できない。

それらの反対の傾向は両方とも、受賞番組あるいはスポーツ・イベントのようなライヴ・イベント番組の値を増加させた。

ニールセンの研究で、さらにテレビを見る間にタブレットを使用した人々の35%が、それらが見ていた番組に関してオン・ラインの情報を調べることが分かった。

タブレット所有者の4分の1は、それらがテレビで広告された製品を見て、クーポンあるいは主題を調べたと言った。

迅速なこととして、テレビにいる間ソーシャルメディアの使用がアメリカで増大しているとともに、それは既に他の国々より遅れはじめていた。

ニールセンは、中東かアフリカの人々の63%がテレビにいる間に、ソーシャルメディアを使用し、ラテンアメリカでは、人々の52%を報告すると言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト