2012-11-29

シリア、インターネットアクセスを遮断!

Cellular-Newsは、米国の2つのインターネット・モニタリング会社が、シリア政府は国中でインターネットをシャット・ダウンしたと言ったと報告した。

2012年11月29日に衛星電話によって達したシリアの活動家は、先例がない停電を確認した。
それはダマスカスの激しい戦いの中で、実行された。

インターネット混乱を研究する米国のネットワーク・セキュリティー会社Renesysは、シリアが正午ごろのインターネットを切ったと言った。

インターネット上のコンテンツを分配する米国の別の会社アカメイ・テクノロジーズ(Akamai Technologies)は、さらにシリアの全面運転停止を確認した。

シリアはバッシャール・アル・アサド大統領(President Bashar al-Assad)に対する20カ月の暴動中に、部分的にインターネットアクセスをカットした。

しかし、全国的なシャット・ダウンは先例がない。

その間に、エジプトとドバイのキャリアーは、伝えられるところによれば、シリア政府当局が近くの郊外での衝突により空港道を閉鎖したので、2012年11月29日のダマスカスへのフライトを保留したと言った。

つまり、インターネットと空港が閉鎖された。