2012-11-29

Huaweiと中国モバイルは、パキスタンでGSM研究所をオープン。

cellular-newsは、中国のHuaweiと、中国モバイル(China Mobile/中国移动/中国移動/中国モバイル・コミュニケーションズ社/China Mobile Communications Corp.)の子会社で、パキスタンの携帯電話ネットワークZongがNUST(National University of Science and Technology/科学技術国立大学)でGSM研究所およびトレーニング・センターを設立したと報告した。

この研究所は、研究目的に使用されることになっている。

研究所は、1つのMSC、1つのBSCと、1つのBTSを備えたGSMのモバイル・インフラストラクチャー、HLRとメディア通路を含む完全な電話機回路網をプロバイドする。

研究所は、さらに不一致を削除するためにソフトウェア、ツールとパッチの開発用プラットフォームを提供する。

それは学生に欠点、構成、セキュリティ、テレコム・インフラストラクチャーのネットワーク性能管理を習熟させる。

しかし、このようなところから、サイバー攻撃技術者も現れてくる。
そこらの矛盾の解決方法は、いまのところない。

Huaweiは、GSM研究所にハードウェア資金としてUS$130万を供給した。

ZongのCEOファン・ユンジュン(Fan Yunjun)は、Zongによって作られたGSM研究所が技術的な教育で、パキスタンの産業の育成および開発に必要な才能を育てる基礎とする若い人々のアクセス品質を支援するとして、それらが、企業の社会的責任の基本の部分であると言った。