2012-11-26

イタリア上院は、ジャーナリスト組合に抗議され、名誉毀損法を廃棄。

ワシントンポスト(Washington Post)は、イタリアのジャーナリスト組合は2012年11月26日月曜日に全国ストライキを中止したが、侮辱をすべて非犯罪化するキャンペーンを押すために実証していたと報告した。

単に議会は123対29で、6年の刑を許可するめったに執行されなかったファシスト時代法律の下で、侮辱のために14か月が宣告されたエディターを保護し、右翼の議員の明白な動きを回避した。

イタリアのジャーナリスト組合FNSI(National Federation of the Italian Press)とRSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)からのスパークする抗議によって、50,000ユーロの罰金を減らし、ジャーナリストに1年の実刑判決を課するためにドラフトを変更した。