2012-11-26

タバコを吸うと、脳は腐敗する!

美容と医学の科学

The Raw Storyは、たばこを吸うことが身体に多くの悪影響を持っていることは有名になっているが、しかし、さらに、それが脳機能でも、同様に持っていることはいくらかを驚かせるかもしれないと報告した。

日曜日に雑誌「Age and Aging(年齢と老化)」で公表された研究で、研究者は、タバコ煙への規則的な露出が高血圧のような心血管系危険因子を上げ、高齢の人々の間の認識能力が著しい下落を引き起こすことを発見した。

Cardiovascular risk factors and cognitive decline in adults aged 50 and over: a population-based cohort study
1. Alex Dregan1,
2. Robert Stewart2 and
3. Martin C. Gulliford1

Age Ageing (2012) doi: 10.1093/ageing/afs166 First published online: November 25, 2012

研究者は、50歳間、4年後に繰り返された一連の記憶テスト、および再び、8年後に8,800人に尋ねた。

それらは、ストロークまたは心臓発作の機会を上げるどんな危険要因も、精神の低下を引き起こすことを明らかにした。

その研究は低下する脳機能といて、個々の危険要因の相関性を測定しようと最初に努力したが、研究者は心血管系リスクが、すべて同様の最終結果を持っていると結論を下した。

しかし、研究で、喫煙が他の要因以上に、記憶テストで「一貫してすべての上で、より低い実行に関係していた。」ことが分かった。

それは言い換えれば、説明された研究は、他の悪い習慣の中で、実際に煙を出すことは脳を「腐敗させます。」と指摘できると言っている。

2010年に内科のアーカイブ(Archives of Internal Medicine in 2010)によって同様に公表された研究は、たばこと、アルツハイマー病と血管性痴呆の可能性で150%を超える増加のリンクを見つけた。

Cigarette smoking is a risk factor for Alzheimer's Disease: an analysis controlling for tobacco industry affiliation.
Cataldo JK, Prochaska JJ, Glantz SA.

PMID:20110594
[PubMed - indexed for MEDLINE]
PMCID:PMC2906761

Free PMC Article

Department of Physiological Nursing, Gerontology, University of California, San Francisco, San Francisco, CA 94143-0610, USA. cataldo@nursing.ucsf.edu

アメリカ疾病対策センター(Centers for Disease Control)は、アメリカ人の約4600万の21%がたばこを規則的に吸うと2010年に言った。

ハーバード公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)によれば、たばこは、米国で1年当たり400,000人を超える死に責任を負い、予防可能な死のナンバーワンの原因のままであった。