2012-11-26

フランスの携帯電話事業者SFR、労働力の約10%をカット!

Cellular-Newsは、新聞レゼコー(Les Echos)からの情報として、ローカルの労働組合のうちの1つによれば、フランスの携帯電話ネットワークSFRがに約1,100の人員削減を発表すると予想され、それは労働力の約10%を表わすと報告した。

内部文書を引用して、UNSAのヴァネサ・ジェラブ(Vanessa Jereb)は、彼らがこの水曜日に発表し、現われることを予期すると新聞レゼコーに伝えた。

SFRは、最近、非常に競争率の高いフランスのモバイル・テレコム市場によって口火を切られたコスト削減策の一部として、パリ(Paris)とリオン(Lyons)の2つの場所のオフィスベースの労働力に集中したいと考えている。

スイッチから電話ベースのサービスを交換するオンラインのような顧客に対する配慮サービスのより安い形式まで、解雇のうちのいくつかが生じると予想されている。

しかし、会社は、その小売を改善するために、300の新しい仕事を生み出すかもしれない。

今回の人員削減が18か月の期間の段階的に導入されると予想されている。

昔からの経営方針では、価格低下と設備投資による狭間から、その両面の攻撃は、携帯電話事業者でも、苦しくなり始めた。