2012-11-22

欧州議会は、インターネットをITUが引き継ぐのを止める。

PC Worldは、12月にドバイで開催されるWCIT-12(World Conference on International Telecommunications/インターネットに対する会議/Internet at a conference in Dubai )で、最終の管理を獲得するためのITU(International Telecommunication Union/国際電気通信連合)による試みを、欧州連合に選ばれた代表は、折衝者に大声で阻むように要求し、止められるに違いないと警告したと報告した。

欧州議会議員の圧倒的多数によって2012年11月22日木曜日に承認された解決は、WCITより進んで示された提案のうちのいくつかが「インターネットの統治権」になって、ITU自体に帰着するかもしれないと警告し、それを防ぐために議会が決定される。

インターネットの中立性および自由の開放に有害なITR(International Telecommunication Regulations/国際電気通信レギュレーション)へのどんな変更も防ぐようにEU加盟国に要求した。

EUの27の加盟国はみなこれらのITRの署名者で、ブロックとしてその結果交渉することができる。

議会の委員会と委員会上の呼び出しで、ITRへの任意の変更として、次のことを保証するために、
「進むEUの目的および利益を促進そ、公共の場所としてのインターネット、人権および基本的自由、特に表現と会議の自由が尊重される場合と同様に、自由市場法則、ネットの中立性と起業家精神は保証される。」ドバイでEUが表わすことが予測された。