2012-11-29

ダライ・ラマの南アフリカへのビザ遅れは「不法。」

BBC Newsは、南アフリカ政府は、昨年、計画された訪問でダライ・ラマ(Dalai Lama )にビザを与えない際に非合法に行動した、と裁判所が裁決したと報告した。

チベットの精神的指導者は、2011年10月に大僧正デズモンド・ツツの80歳の誕生日(Desmond Tutu's 80th birthday)祝賀を伴う計画を取り消すことを強いられた。

訴えで最高裁判所は、元自治大臣が「法外に決定を遅らせた」と言った。

政府は、それがブロックの圧力で旅行を下げたことを否定した。

判決に応じて、大僧正チュチュのオフィスはそれを「南アフリカの司法制度への信用」と言った。
また、彼は90歳の誕生日のためにダライ・ラマを南アフリカに招待することを楽しみにした。

大僧正チュチュは、90歳まで死ねなくなった。

訴えで最高裁判所は、問題に関して2つの野党IFP(Inkatha Freedom Partyインカタ自由党)とCope(Congress of the People/人民議会)による訴え適用を聞いていた。

以前に、西側のケープ高等裁判所はその事件を却下した、と南アフリカ通信協会が報告した。

大僧正ツツは、彼のノーベル平和賞受賞者仲間のためのビザが遅れたことに激怒しており、「アパルトヘイト政府より悪く作用した」ことで政府を告訴した。

AFP通信社によれば、訴えで最高裁判所は、政府が実際にビザを与えない決定を下したという証拠を見つけなかったが、止まる戦術を検知した。

通信社は発言として「証拠によって正当化されるものは問題が決定を回避するように慎重に遅れたという推論である。」その判断を引用した。

南アフリカ・シティ・プレス(South Africa's City Press)の新聞報道は、裁判所が、元自治大臣ニコサザナ・ラミニ=ズマ(former Home Affairs Minister Nkosazana Dlamini-Zuma)が「慎重に遅延する資格がなかった。」と言った。

ニコサザナ・ラミニ=ズマは、ジェイコブ・ズマ大統領の前妻(President Jacob Zuma's ex-wife)で、現在はアフリカ・ユニオン(Africa Union)を率いる。

内政部は、最高裁判所の判決を尊重すると言ったが、答える前に判断のための推論を調査する。

中国は、チベットの権利のためのキャンペーンとして植民したインドのノーベル平和賞受賞者を危険な分離主義者リーダーと考えている。

中国は、彼に会わないように政府に要求して、彼の国際的な孤立を要求した。

ダライ・ラマは1996年に南アフリカを訪れ、当時のネルソン・マンデラ大統領(then-President Nelson Mandela)に会った。

彼の訪問が2010年のために準備として、ワールドカップを散らすだろうと政府が言い、2009年にノーベル賞受賞者のための平和会議に出席することを妨げられた。

IFPリーダーのマンゴスツ・ブテレジ(IFP leader Mangosuthu Buthelezi)は、政府が問題に関するその「主義、モラル方向およびモラル合法性」を失った判断を明らかにしたと言った。

昨年、ダライ・ラマは、結局ビデオ・リンクによって大僧正チュチュの誕生日祝賀を行った。

おじいちゃん同士が誕生日に合うのに、大げさすぎる。

2011-10-07---ツツの80歳、屈辱の彼のパーティで何を食うか!?
2011-10-04---ダライ・ラマのビザ、南アフリカが拒否?

Related Dates