2012-11-29

インドの新しい規則「Section 66A」は、コメントの罪をより難しくした。

BBC Newsは、インドは、ソーシャル・ネットワーキングおよび他のインターネット・サイトに関するコメントの罪で警察が人々を逮捕することをより難しくする、新しいガイドラインを出しました。

情報技術法の論争の的になっている「セクション66A(Section 66A)」の下で、苦情を登録することができる前に、高官は承認しなければならない。

先週、2人の女性が、政治家で、右翼のボスであったバル・サッカレー(Bal Thackeray)の死に続く、フェースブック(Facebook)でのコメントの罪で逮捕された。

その逮捕は、法則を廃止することを要求する多数をの無法行為に結びついた。

最高裁判所は、別々に、請願が2012年11月30日金曜日に法律に挑戦するのを聞く。

法廷で請願を提出したデリー学生Shreya Singhal(は、「セクション66Aの語法は、理由がない乱用で、非常に広く、曖昧で、それが敏感な目的基準に基づいて判断することができません。」と言った。

新しいガイドラインは2012年11月29日木曜日に、テレコム省によって出された。

最近の数か月で、いくつかの逮捕は、法の下で「職権乱用」として、政府を非難する非難が出た。

今週の初めに、2人の上級警官が、Shaheen DhadaとRenu Srinivasanの逮捕に関して吊し上げられた。

Shaheen Dhadaは、バル・サッカレーが2012年11月17日の死の後に、ムンバイのシャット・ダウンを批評したために逮捕された。

Renu Srinivasanは、そのコメントに賛成開いたので逮捕された。

2人はその後、保釈された。

9月に、漫画家が彼の反腐敗図面用治安妨害の罪でムンバイで投獄された時、憤慨が起こった。

風刺漫画家が風刺漫画を描いて捕まったら、風刺漫画が消える?
いいえ、さらに激しくなる。

非難はその後却下された。

4月に、西ベンガル政府は、友達にチーフ大臣ママタ・バネルジー(Mamata Banerjee)に批判的だった漫画をメールした教師を逮捕した。

彼もその後、保釈された。

2012-11-18---インドの右翼のボスの葬儀に何10万人も集まった!
2012-11-17---ヒンズー右翼リーダーで、シブセナの創立者が死去した。
2012-09-12---インドのインドの風刺漫画家アセム・トリベディ釈放!
2012-09-11---インドは漫画を嫌い始めたのか。
2012-09-10---インドの風刺漫画家アセム・トリベディの逮捕は憤慨を招いた。