2012-11-29

ニューヨーク市は、暴力犯罪のない日を祝賀。

BBC Newsは、ニューヨークは、完全に暴力犯罪のない記念すべき一日を過ごしたと報告した。

市警察局のチーフ・スポークスマンが、月曜に24時間流血事件がなかったと言った。

殺人、射撃、突き刺すこと、あるいは暴力犯罪の他の出来事も、丸一日の間報告されなかった。

7月に殺人で、スパイクにもかかわらず、都市の殺人率は1960年以来その底を打つのに的確であった。

わずか数か月前に、居住者は、1つのタブロイド紙が「血の夏(summer of bloo)」と呼んだものを生き抜いていた。

殺人の落下にもかかわらず、統計ポイントで、全体として犯罪が3%上昇していた。

窃盗は9%の増加がさらにあった。
警察はそれをスマートフォン窃盗の急増と指摘した。

しかし、昨年と比較して、殺害は今23%ダウンした。
それは過去50年の最低値を表わした。

今年、ニューヨークシティーで366の殺人がこれまでにあった。
これは、1日1件以上になる。

専門家は、殺人のそのような低い数が800万人の米国都市には高度に異常であると言った。

一群に悩まされたイリノイ州シカゴ(Chicago, Illinois)は、今年、約270万人の人口にもかかわらず、462件の殺人を記録した。

人口150万人の都市フィラデルフィアでは2012年に301件の殺人がった。

何人かの専門家は、ニューヨーク警察の積極的な犯罪防止戦術、特にいわゆる停止身体検査機政策を賞賛している。

それは多数の不法な銃を根絶した。

しかし、原因なしで止められている何十万人もの若い黒人とラテンアメリカ系に、それが至ったと、批評家は主張している。

私が1970年代に行ったときは、すぐ近くの駐車場で撃ち合いがあり、また、目の前のマクドナルドで殺人があった。マンションの近くのポリス・ステーションのサイレンは止むことはなかった。
ホテルでは、隣の部屋で焼身自殺を図り、私の部屋のドアは、斧で割られ、帰宅したときは、嵐のようだった。
ソーホ−では、駐車していた車が燃えだしていた。

東京は、どうなのだろう?