2012-11-29

スペインのイベリア航空の労働者は、クリスマス前にスト!

BBC Newsは2012年11月29日に、国家存亡の危機を迎えているスペインの国営航空会社イベリア(Spanish national airline Iberia)の従業員はクリスマスへの準備段階中にストライキを行うことを予定していると報告した。

グラウンド管理スタッフと客室乗務員の労働組合は、2012年12月14日、17-21日の6日間にストをすると票決した。

今回の抗議行動は、イベリアとブリティッシュ・エアウェイズ(Iberia and British Airways)を所有するInternational Airlines Group(国際線航空会社)が4,500人のスタッフをカットすることに対して抗議である。

今月の初めに、IAGとイベリアのトップは両方とも、スペインの航空会社が「存続のための戦い中」であると言った。

イベリアは、スペインの国内市場の長引く後退によってとりわけ攻撃され、レコード・ロスに苦しんでおり、そのすべての市場において無益になっている。

4,500の人員削減は、イベリアの全労働力の4分の1を表わし、それがIAGの発表に先立って航空会社の組合によって予測した7,000人ほど険しくはなかった。

しかし、再建計画はさらに、保持されているスタッフのために4分の1から3分の1の間の賃金カットを含んでいる。

航空会社は、カットに関する結合への合意に達するために来年1月31日のデッドラインを定めました。
失敗は、仕事、および航空会社によって運航されたフライトの数のカットと、それをさらに大きいと脅かした。

主な組合CCOOのスポークスマンであるホセ・カリージョ(Jose Carillo)は、
「私たちは、減給および増加した生産性を協定する準備ができています。しかし、私たちは完全にsackingsを望みません」と言った。

それが現在、イベリアとの産業仲裁中で、抗議行動に賛成の投票をするために、スペインのパイロットの組合(Sepla)は6つの労働組合の中になかった。
それは関与から、排除した。

つまり、グラウンド管理スタッフと客室乗務員組合をパイロット組合が切り捨てた。

しかし、それにもかかわらず、他の労働組合役員は、ストライキに参加することに個人パイロットが決めてもよいことを示唆した。

整備不良で墜落すると、パイロット組合も参加するのかも知れない。

利用者として、ストに遭遇したときは、恨んだ!

2012-09-07---ルフトハンザは、ストライキで約900のフライトに影響。
2012-09-04---UFO組合は、2回目のストライキで、350フライト以上をキャンセル。
2012-08-31---UFO組合は、ストライキを開始。
2012-07-01---ロンドンの輸送機関スタッフ・ストライキ!
2012-06-21---エール・フランスは2013年の終わりまでに5,000の仕事をカット。
2012-05-14---エア・インディア・パイロットのストライキ継続で大混乱!
2012-02-05---ブラジルの警察ストライキで、犯罪が急上昇している。