2012-11-29

ヒューレット・パッカードの株主は、企業買収価格で訴えた。

BBC Newsは、DeloitteとKPMGは、HP(Hewlett Packard/ヒューレット・パッカード)のAutonomyで論争の的になっている購入における、それらの申し立てられた役割上で訴えられていると報告した。

HP株主は、米国のPCメーカーがイギリスのソフトウェア会社買収の代価をあまりにも多く払ったと言って訴えた。

月曜日にカリフォルニアで起こされた訴訟で、2人の聴者とAutonomyが、それが要求したのと同じ量の価値で元なかったスポットで、それらの義務に失敗し、次に、取り引きの値を誤り伝え、他の指名された被告を告訴した。

両方の会社は、Autonomyをその時と評価することに対する責任を否定した。

2007年以来のHP株主フィリップ・リカルディ(Philip Ricciardi, an HP shareholder since 2007)によって、「簡単に言えば、HPは、Autonomyに対して大いに過剰に払われた。」と主張して、法的行為を要求した。

先週、HPは、US$50億はそれに「重大な説明する不行跡、誤伝および開示失敗にリンクされた。」ことを考慮して、対象外としていると発表し、それがAutonomyに払ったUS$111億のUS$88億を帳消しにしていたと発表した。

HPのボスであるホイットマン(HP's boss, Ms Whitman)は、獲得に先立ってAutonomyの聴者を務めたデロイト・トゥーシュ・トーマツ(Deloitte Touche Tohmatsu)のイギリスのユニットの仕事に彼女の会社が頼ったと言った。

さらに、彼女は、HPがKPMGで、デロイトの仕事の監査に依存したと言った。

コンピューター・メーカーは、株主のための金銭を回復しようと努めることが民事訴訟自体を必要とするだろうと言った。

このような不始末は、HPのボスであるホイットマンの失態と言える。
こんなことが許されたら、株主はたまらない。
それでなくてもHPの株価は、落ち続けている。

その日に発表の後に急激な落下を含んで、Autonomy取り引きが2011年年8月に発表され、2010年4月のそれらのピーク以来四分の三に下がっていて以来、米国のコンピューター・メーカーの中のシェアは、それらの値の60%を失った。

水曜日に明るみに出た訴訟事件は、Autonomyの元最高経営責任者マイク・リンチ(Mike Lynch)、HP最高経営責任者メグ・ホイットマン(Meg Whitman)と同様に2人の聴者で、元HP最高経営責任者レオ・アポテカー(former HP chief executive Leo Apotheker)、バークレーズ(Barclays)、取り引きの上の財務顧問として働いたペレラ・ウェインバーグ・パートナーズ(Perella Weinberg Partners)に対して、株主によってもたらされた。

それは、HPで働くために支払われた他のアドバイザーおよび従業員と同様に、2人の監査役も会社に対する義務に失敗し「一貫して不適当なステートメントを備えた公を誤解させた。」と主張した。

通信社ブルームバーグ(Bloomberg)による2人の聴者は、申し立てによると膨張したAutonomyにそれらに警報するべきだった「意識的に無視された多数のレッド・フラッグ」が評価すると訴訟は言った。

KPMGは、それが単に制限のあるサービスを提供すると保証されたと言って、HPのクレームを否定しており、監査を行なわなかった。

自分としては、Deloitteが、購入を進める前に、HPがAutonomyを続けたことがデューディリジェンス仕事の原因ではなかったと主張しました。

コメントのために、バークレーズとペレラ・ウェインバーグに連絡することができなかったと言ってる。

それは、Autonomy取り引きに関するHP株主によって起こされる第2の訴訟であった。

もう一人の投資者アラン・ニコロウ(Allan Nicolow)は同じ法廷で、同じ日に類例をファイルした。

別の訴訟事件は、2人の聴者あるいは、2人の財務顧問に対してではない会社の様々な幹部と同様にヒューレット・パッカードに対してもたらされており、エレクトロニック・データ・システムズ社の初期の購入と同様にHPのAutonomyの購入のために、さらにクレーム、過大評価されたとして、損害賠償訴訟を起こしている。

アラン・ニコロウの弁護士は、2011年8月19日から2012年11月20日の間に、HPでシェアを所有したすべての投資者を代表して、彼の事件を集団訴訟に変えることを望んでいる。

BBCの非常勤取締役であるAutonomyの前の頭マイク・リンチは、前のAutonomy管理が会社の値に関してそれらを誤解させたというHPのクレームを拒絶したと伝えている。

そう言えば、Citi Groupは実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万を払っても、誰も起訴していない。
サブプライムの問題を解決するためにUS$5億9000万を払ったときに、すでに金で解決しているのかも知れない。

Citi Groupの株価は、後1年すると、底値安定と言うイメージから、大転落部分が見えなくなる。
まるで、それを待っているようである。

2012-11-16---米国政府は、非競争合意でeBayを起訴。
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-08-30---Citi Group、サブプライムの問題を解決するためにUS$5億9000万を払った!
2012-08-22---ヒューレット・パッカード、第3四半期US$88億の赤字!
2012-05-24---HPは、次の2、3年で27,000人のスタッフをカット!