2012-11-29

北朝鮮と韓国のロケット競争!

AP通信は、韓国が木曜日に北朝鮮がそれ自身の長距離ロケットを発射する準備をしていたという推測を発表した同じ日に、韓国が打ち上げようとしている軌道に衛星を送り込むロケットの打ち上げ実験を廃棄したと報告した。

韓国はこれまでにも、何度か実験してきたが、ことごとく失敗してきた。

韓国の科学者は、廃棄の原因として、ロケットの操縦系統と技術的な問題を引用した。

ソウルが、自分の土地からの衛星を打ち上げに、国家のエリート・グループに加わることを試みるとともに、土壇場で着手を取り消すことを強いられたのは、この1カ月で2回目になった。

しかし、最近になって心配を上げたのは、北朝鮮のロケット・プログラムであった。

韓国の2人の政府関係者が、準備のサインが北西の海岸で北朝鮮のロケット・サイトにあると木曜日に言った。

それらは、彼らが知能問題のことを公に話すのを防ぐオフィス規則のために指定されることを断わった。

北朝鮮の長距離ロケットは4月に離陸した直後に分裂した。
しかし、この試みは国連の非難を引き寄せて、朝鮮間の緊張関係を既に悪化させた。

ワシントンとソウルは、アメリカを対象とすることができるミサイルを開発するために、平壌がそのようなロケット打ち上げを使用すると言った。

科学的なロケット打ち上げで使用された技術は容易にミサイルのための使用に変換できる。

それは、北朝鮮だけではなく、世界中のロケットが同様に変換できる。

北朝鮮は、その着手の試みが平和な宇宙計画の一部で軌道に衛星を入れるのが目的である、と言った。

ただし、北朝鮮の位置が、四方を外国に囲まれ、ロケット軌道に外国があり、実験の失敗は大被害を他国に与える危険性がある。

また、次の数週間のどんな北朝鮮の着手も、韓国の2012年12月19日の大統領選挙に影響を及ぼす試みと見なされる。

韓国は、2009年と2010年にそれ自身の土地からのロケット打ち上げに失敗している。

韓国は、1992年以来、他の国々からの外国製のロケットに乗った国内で作られた衛星を打ち上げてきている。

1stステージの142トンのNaroはロシアによって建造された。
韓国で作られた2ndステージが一旦軌道に到着すれば、科学衛星をリリースすることを目的にしている。

北朝鮮のロケット打ち上げ基地Tongchang-riサイトのGoogle Earthポインター情報
39°39'36.25"N,124°42'18.85"E

2012-10-09---北朝鮮は、韓国と米国のミサイル取り引きで警告!
2012-04-13---北朝鮮ロケット打ち上げは失敗!
2012-04-11---北朝鮮、宇宙ロケット管制塔!
2012-04-03---Asean、北朝鮮ロケットに懸念、ビルマ投票に強い支持!
2012-04-02---今のところ、北朝鮮が打ち上げるロケットは、石垣島上空を飛ぶ?
2012-03-30---衛星画像で見た。北朝鮮のロケット打ち上げ準備!
2012-03-23---日本は北朝鮮のロケットに反ミサイル防衛準備!
2012-03-16---北朝鮮は、金日成生誕100周年にロケットで衛星を打ち上げる!?
2011-12-19---北朝鮮のキム・ジョンイルが死去した。
2011-05-14---北朝鮮とイランが、弾道ミサイル技術を共有!?
2010-06-10---韓国の宇宙ロケット「羅老(ナロ)号」、打ち上げ2分後に爆発。
2010-06-10---韓国が衛星打ち上げのカウントダウンに入った!打ち上げはもうすぐである。
2009-11-27---世界最古の2段式ロケット「散火神機箭」を復元した。
2009-10-19---世界で最初の多段式ロケットを復元!
2009-08-25---韓国の羅老号は打ち上げ成功し、軌道進入に失敗した。
2009-08-19---韓国初の宇宙ロケット「羅老」の打ち上げが、発射7分56秒前に中止となった。
2009-06-18---北朝鮮、長距離弾道ミサイル発射準備作業を完了!?
2009-04-05---北朝鮮がテポドン2ミサイルを発射した。
2009-04-04---防衛省、北朝鮮ミサイル発射誤報で、日本全体がてんてこ舞い。
1998-08-31---北朝鮮が弾道ミサイルを日本海領域に発射した。