2012-11-26

論争の的になっていた2014年のワールドカップ・マスコットの名前「Fuleco」

BBC Newsは、ブラジルで開催される2014年ワールドカップ(2014 World Cup)用マスコットは公のオンライン投票競技の後に「Fuleco」と命名されることになったと報告した。

しかし、特に多数がより多くの名前オプションとして考え出してくれるようにFIFAに依頼するオンライン請願書に署名した後、何人かのブラジル人は、この名前に満足していない。

1982年のスペインでは、微笑むオレンジ「Naranjito」がマスコットであった。
1998年のフランスでは、サッカーをする雄鳥「Footix」がマスコットであった。

自宅には、友人からのお土産「Footix」がある!

ブラジル、2014年のワールドカップのために絶滅しそうなアルマジロをマスコットに選んだ。

マスコットは日曜日にテレビ番組中に元ブラジル・ストライカー、ロナウド(Ronaldo)によって明らかにされた。

FIFAは、マスコットがブラジルに固有の絶滅しそうな種を3つの帯のあるアルマジロでを表わしたと言った。

ロナウドは、「マスコットは次の2年にキー大使の役割を果たすだろう。」とブラジルのテレビで言った。