on-the-time.jp

2012年11月26日

ロンドンの自然史博物館の宝。

BBC Newsは、ロンドンの自然史博物館(Natural History Museum in London)のスタッフは、7000万の標本の中から、最も価値のある宝22点を披露するということは、非常に困難であることが判ったと報告した。

チャールス・ダーウィンのハト( Charles Darwin's pigeons)から1個の月岩、ロンドン動物園の有名な住民であったゴリラのガイ(Guy)まで、新しいパーマネント・ギャラリーは博物館でほとんど重視されたアイテムを祝うためにオープンにしている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ここで、プロジェクト・ディレクタのメグ・マクドナルド(Meg MacDonald)と私たちの理解を支援して、自然界についての私たちの知識を増加させた、鼓舞するアイテムのうちのいくつかを紹介している。

一人一人で、その記憶が異なることだろう。

私は、海賊に食われて絶滅してしまったマダガスカルのトゥドゥ(Dodo)が、骨格と再現モデルが紹介されているだけで満足であった。

エピオニス属の無飛力の鳥は、世界最大であった。

それは、もうどんな味だったのか知ることができない。

それは、飛べないスペースシャトルのようで、将来誰かが、この非科学的な乗り物で、宇宙に飛んだ馬鹿な宇宙い飛行士がいたと言うかも知れない。

ロンドンの自然史博物館には、19世紀に博物館学を消滅させた偽の展示物も多く残されている。
当時の博物館は、見せ物小屋より凄まじかった。

人を驚かすことが博物館学だった。

そのおかげで、博物館学という学問は、アカデミックから排除された。

博物館学者は、詐欺師であった。

そんな資料が手元に恐ろしいほど残っている。

その背景で行われたのが、あの万国博覧会であった。

脅して稼ぐ、時代であった。

キングコング、フランケンシュタインなどの誕生のきっかけにもなった。

日本にはまだ、博物館学者というのがテレビに出ている。

Gooleも本だけではなく、ロンドンの自然史博物館などの展示物も紹介して欲しい!
中には笑いこけてしまいそうな歴史の事実が紹介される。

ロンドンの自然史博物館(Natural History Museum in London)のGoogle Earthポインター情報
51°29'46.92"N,0°10'35.36"W
または、
51.496367, -0.176489

2012-10-25---1878年のエジソン・オーディオで記録された、世界初の大失策。
2012-06-03---あなたは贋作アートを愛することができますか?
2010-05-21---古文書、古筆学の小松茂美が死去した。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
1912-12-18---「Piltdown人」として知られている化石を発見した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト