2012-11-22

泥棒は、芸術品を盗んでも利益を得られない。

BBC Newsは、グローバルな金融下降と、すべての流れ会談にもかかわらず、豊かな美術愛好家は、年間を通じての記録破り、オークションで巨匠および現代芸術を先を争ってつかんでいる。

しかし、買い手は購入を有利な投資機会と見なしているのか。
それとも、それは単にステイタスシンボルなのか。

長所である芸術についての考えは新しい考えではないと報告している。

一群の人々がピカソとマティスによる作品を購入するために各々比較的小さな750フランを投資した時、存在中の最初の芸術資金のうちの1つは1910年にパリで起こった、それらは10年後に100,000フランでそれを売り、そのために素晴らしい利益を得ることができた。

より最近の例は、3000万ドルでゲルハルト・リヒター(Gerhard Richter)による絵画を売るロック・ギタリストのエリック・クラプトン(Eric Clapton)だろう。

それは、彼が払った10倍の値で売れた。

しかし、WebサイトArtnetで、世界中のオークションで販売を追跡するトマス・ガルブレイス(Thomas Galbraith)は、
「1980年または1985年からのオークション・カタログで認識しない多くの芸術家を見つけるでしょう。それらはそのとき売っていましたが、それらの市場は上がりませんでした。」と言っている。

約US$600億の芸術が2011年に売られた。
それらの半分はオークションで、他方の半分は閉鎖売却によった。

しかし、ダミエン・ハースト(Damien Hirst)のようなより多くのコンセプチュアル・アーティストの作品は、ルネッサンス・マスターの長寿を保持できるか?と言う疑問が生まれる。

トマス・ガルブレイスは、「あなたが時間軸で芸術家を見る場合、それらはそれが現われるとともに技術を使用する最先端に慣例的にあります。」と言った。

彼は、印象派画家が色素に使用した油は、その時に新しいミディアムだったと述べた。

「ミディアムは暫時です。」
「芸術家はどのミディアムで働くべきかで決めます。」と彼が言った。

Kacのような芸術家は、創造物をバイオで巧みに計画実行し、蛍光性のウサギを製作した作品は、売るより困難なもののうちの1つであった。

「私たちが美術市場に関して全体として話すが、それは金融市場がどのように行っているか尋ねることに似ている、これらの異なるものを見ている場合、1つを超える美術市場がある。」と彼は言った。

芸術品が数千万ドルの価値があることは今普通になっている。
また、それはそれらを美術品窃盗団の目標にする。

それは、特に映画で、プロットは精巧なセキュリティ対策および速い逃走車に専念する中で、最も魅惑的な犯罪のうちの1つとして頻繁に描かれている。

しかし、映画のどれも常に認めるようには見えない、すべての大きな強盗の中で欠点がある。
犯罪者が冒す大きな危険および盗んだ芸術の値にもかかわらず、それらはあまり利益を出さない。

FBIの芸術犯罪チームの創立者で、貴重な回想録「Priceless: How I Went Undercover to Rescue the World's Stolen Treasures」の著者ロバート・ウイットマン(Robert Wittman)は、
「10回のうちの9回は、個人がそのような強盗を犯す場合、それは、強盗を行う能力がある個人あるいは犯罪の組織によって行われます。しかし、それらは、通常絵画を売る能力を持っていません。」と言っている。

彼の経験では、人々は、犯罪を犯す方法を考え出すよい仕事をしばしばしたが、それから利益を出すよい仕事をしなかったと言っている。

2012-11-06---ボリビアは、ペルーで盗んだミイラを返却。
2012-10-16---オランダの博物館からピカソ、マティス、モネ、ゴーガンなどの作品が盗まれた!
2012-10-12---ガーナのアシャンティ戴冠用宝玉が、ノルウェー・ホテルで盗まれた。
2012-10-07---「私はマーク・ロスコの作品を破壊していない。」
2012-09-28---肖像画「アイルワースのモナリザ(Isleworth Mona Lisa)」はダビンチの作品と鑑定。
2012-09-08---米国ノミの市で見つかった「ルノワールの絵画」が、本物と証明される?
2012-08-05---略奪されたアフガニスタンの芸術。
2012-07-19---略奪されたアフガニスタンのアート作品が、大英帝国から返却される!
2012-07-19---盗まれたマチスの作品が、米国で発見され、戻された。
2012-07-15---盗まれた車が42年後に、戻ってきた。
2012-07-06---多数のカラヴァッジョ・スケッチが発見された。
2012-06-30---盗まれたダリの絵は、ヨーロッパからニューヨークに送り返された。
2012-06-22---ダリの絵が、マンハッタンの画廊から盗まれた!
2012-04-02---ガレージセールで、アンディ・ウォーホル・スケッチが見つかった!
2012-03-30---US$100万の盗んだ芸術の覆いが24年振りに取られた。
2012-03-04---ダブリンの守護聖人の心臓が盗まれた!
2012-03-03---ギリシャの歴史的遺物密輸業者仲間逮捕!
2012-02-27---アドルフ・ヒトラーによって所有されていた16枚の絵画を発見!
2011-12-02---「失われた」レンブラントの自画像を発見!
2011-11-07---フランスは、イギリスで展示されていた絵画は盗まれた作品と主張。
2011-09-22---隠されたゴヤの絵画をX線が解明!
2011-09-01---盗まれたルーベンスの絵が、ギリシアで見つかった!
2011-08-21---「モナリザ」が盗まれて100周年。
2011-08-21---モナリザの泥棒は「イタリアの英雄だ」
2011-07-11---ロンドンの教会から戦中に略奪された彫刻が返ってくる!
2011-07-07---窃盗のピカソの絵が戻った!
2011-07-06---サンフランシスコのギャラリーからピカソの鉛筆画が盗まれた。
2011-04-22---ナチス押収のクリムトの絵、遺族に返還決定!
2011-04-17---ツタンカーメンのトランペット「Tut's toot」!
2011-03-08---フランス史上最高額の強盗事件で盗まれた宝石の一部を発見!
2011-02-04---日本への輸出途中で、超薄型コンドーム72万個盗まれた!
2010-12-24---アート泥棒を追いかけているニューヨーク警察!
2010-08-21---エジプトの博物館からゴッホの絵が盗まれた。
2010-01-09---伝説の海賊の頭がい骨が盗まれた。
2009-09-24---巨匠ルネ・マグリットの絵画「オリンピア」盗難事件。
2009-09-17---「アニメの殿堂」は建設中止。
2006-02-27---小説「ダ・ヴィンチ・コード」でアイディアが盗まれたと告訴。
2004-12-07---ナチに略奪された芸術、没収する行動に出た。
2004-12-02---盗まれた絵画。