2012-11-22

世界で最初のwebcamは、どのようにコーヒーポットを有名にしたか?

BBC Newsは、コンピュータ技術が今非常に速く変化するので、インターネットの前のことを思い出すのは難しい。

しかし、今から19年前に、90年代の初めに、駆け出しのWWW(world wide web/ワールド・ワイド・ウェブ)には検索エンジン、ソーシャル・ネットワーキング・サイトおよびWebカメラがなかったと報告した。

最初のWebカメラのために、ビデオチャットを持って来て、ライブ革命を始めることで、Web放送の発明で称賛された科学者は、はるかに旧式のものを求める考えに遭遇した。

それは、ホットコーヒーであった。

ケンブリッジ大学のコンピュータおたくが最新テクノロジーの研究計画で、遠方にbeaveredするとともに、設備の1個はチーム全体にとって-コーヒー・メーカーは不可欠であった。

クウェンティン・スタッフォード=フレーザー博士(Dr Quentin Stafford-Fraser)は、
「もののうちの1つ、それはコンピュータ科学研究において非常に重要である、カフェインの規則的で信頼できるフローである。」と、それについて説明する。

しかし、科学者のための問題は、トロイの部屋として知られているホストコンピューター研究所にコーヒーポットが配置されたということであった。

また、研究者の多くは、異なる研究所で、異なる場所で働いていた。

クウェンティン・スタッフォード=フレーザー博士は、
「彼らはポットから若干のコーヒーを得るためにしばしば現れるが。そして、それがすべて飲まれたとわかるだけであった。」と思い出した。

その問題を解決するために、彼ともう一人の研究者ポール・ジャデツキー博士(Dr Paul Jardetzky)は、トロイの部屋コーヒーポットをモニターするために、間に合わせでカメラを作った。

そのカメラは、1分当たり3回写真を撮影する。

また、かれらは、部の研究者が内部コンピューター・ネットワーク上でカメラからの写真を実行することを可能にするソフトウェアを書いた。

これは、コーヒーポットをチェックするために、身体的努力の必要を削除し、それは空であると分かるために出てくる情緒的な苦痛を回避した。

しかし、この「コーヒーポット・カム(coffee pot cam)」は1993年11月22日まで、WWW上に登場しなかった。

マーティン・ジョンソン博士(Dr Martyn Johnson)は、ケンブリッジ研究所で内部コンピューター・ネットワークに接続されたもののうちの1人でなく、したがって、彼はコーヒーポット・カム・ソフトウェアを実行することができなかった。

彼は、Webの能力を研究しており、サーバー・コードを調査する際、それを実行させることは比較的容易に見えると思った。

彼は、私は、捕らえられたイメージのまわりの小さなスクリプトをちょうど構築しました。」
「最初のバージョンは恐らく恐らくよりわずか12の命令行しかありませんでした。また、求められた場合は常に、それは単に依頼人に最も最近の画像をコピーしました。」と言った。

したがって、それは、大学研究所のやや地虫の多いコーヒーポットの粒状のイメージが、初めてのWebカメラとしてコンピュータの科学民俗学(computer science folklore, as the first ever webcam)として書き込まれたということことになった。

「それはあまり変わりませんでした」
「それは空のコーヒーポットあるいは十分なもののいずれかでした。あるいは、より刺激的な瞬間に、恐らく、もしそれが上へ行くか、落ちていたならば、半分十分なコーヒーポットとして次にあなたは試みて、推測しなければならないでしょう。」とスタッフォード=フレーザー博士が説明した。

この言葉は外に出て、一人歩きを始めた。
また、やがて、世界各地からの何百万もの技術熱中者が、トロイの部屋コーヒーポットのイメージにアクセスしていた。

スタッフォード=フレーザー博士は、異なる時間帯でポットを見ることができるように光を残すことができるか、どうか尋ねる日本から電子メールを受け取ったことを覚えていた。

ケンブリッジ・ツーリストオフィスはそれを自分で見るためにビジターに、米国からコンピューター室を教えなければならなかった。

コーヒーポット・カムは、さらにBBCの最長のジオ昼メロ「the Archers」上で話題になった。

マーティン・ジョンソン博士は、「私は、正直、それらすべてに私たちは少し当惑したと思う。」と認めた。
スタッフォード=フレーザー博士は、「私は、常に再び一生のうち関係する他のものは、これほど多くの報道を得ず、それがある(単に)午後の正気でない考えだった。と時々思います。」と言っている。

10年および何百万ものヒットで、その後、科学者は移動し続けたかった。

「ソフトウェアは完全に維持できなくなっていた。」と、ジョンソン博士は思い出した。

「リサーチ・ソフトウェアは必ずしも最も高品質だとは限りません。また、私たちは、これを支援していた機械を単に捨てたかった。」

世界中のWebカメラ・ファンからのノスタルジアの抗議の波にもかかわらず、コーヒーポットとWebカメラのスイッチは切られた。

トロイの部屋コーヒーポットは、インターネット上のオークションで売られ、£3,350で落札された。
それはドイツのニュース雑誌「シュピーゲル(Der Spiegel )」によって買われた。

1993年に制作を開始し、1994年に朝日新聞からマルチメディア事典を発行したので、このニュースは知っていました。

友人にネパールから、ヒマラヤの写真をWebカメラで公開しようと言ったことを思い出した。
でも、当時はパソコンも高く、ネパールの通信環境は最悪であったので、あきらめた。

2012-09-21---コーヒーのグローバルなホット・スポット。
2012-06-19---ショック!「お茶」を多く飲む人に、前立腺癌の危険性を警告!
2012-05-16---健康に、コーヒーはどれほど良いか?
2012-02-09---インドの若者が、チャイからカプチーノに変わった!
2010-12-20---ベトナム・コーヒーとブラジル深入りコーヒー
2009-07-06---1日5杯のコーヒーで、アルツハイマー病が治った?!
2006-10-05---セックスとコーヒー、葉巻が長生きの秘訣!?
1993-11-22---世界で最初のwebcam。
1990-12-29---シャンソン喫茶「銀巴里」が閉店した。
1888-04-13---日本初のコーヒー店「可否茶館」を開業した。
0000-09-29---インターナショナル・コーヒー日(International Coffee Day)