2012-11-22

クリーンエネルギー・コミットメントをむしばむ、石炭の再起。

BBC Newsは、すべての主な化石燃料の中で最も汚く、最多の汚染源である石炭が返り咲いていると報告した。

再生可能エネルギー中の地球温暖化および大規模投資を遅くするように設計されたヨーロッパの厳格な炭素放射目標にもかかわらず、中国での需要は、ほとんどの古代のエネルギー源はこれまでより大きくなっている。

実際、石炭は昨年、2010年のガス上昇率の2倍以上、石油の4倍以上の6%アップの生産と共に、再生可能エネルギーの外部エネルギーの世界で最も急成長していた。

消費実績は同様で、その一方で今年は、同じ状態になる準備ができている。

石炭復活の後ろには多くの利用者がいる。

二酸化炭素排出を抑制するために押しの最先端に立っているヨーロッパの石炭消費量は、近年急激に上昇した。

それは何故か?
以前より、安くなっている。

エネルギー研究グループ・ウッド・マッケンジーの上級アナリストであるポール・マコーネル(Paul McConnell)が、経済不況により、「エネルギー用工業製品需要中の崩壊("collapse in industrial demand for energy)」と呼ぶものがあったと言っている。

これは価格を押し下げて、石炭の供給過剰に結びついた。

さらに、それはCO2排出の重い氾濫に結びつき、炭素の価格を押して、そして、石炭生産のコストが急激に低下した。

等しく重要なこととして、米国からの安い石炭の大きな殺到があった。
そこでは、シェールガスの発見が、さらに安い代替エネルギー源を提供した。

石炭はどこかに行かなければならなくなった。
したがって、それはヨーロッパへ輸出された。

最後に、より高い非頁岩天然ガス価格は、石炭を魅力的な選択肢にしていた。

IEA(International Energy Agency/国際エネルギー機関)のガス、石炭およびパワー市場のヘッドであるラスロ・ウァロ(Laszlo Varro)は、「パラメーターはすべて石炭に賛成します。」と言っている。

グローバルなエネルギー情報プロバイダー・プラットの編集次長ガレス・カーペンター(Gareth Carpenter, associate editor at global energy information provider Platts)は、
「石炭は、[今]ほとんどのヨーロッパを横切ってベース負荷燃料として燃えることになっています。」と言っている。

原子力をすべて廃棄し、かつより多くの石炭火力発電所を構築するドイツの決定は、プロダクションだけをさらに押し上げることができた。

地球温暖化を懸念していたドイツの発想は、日本で起こった癌発崩壊で、脆くも崩れ去った。

石炭の再起がどれくらいの時間続くかは、世界的な景気回復、および政府が最後に意味のある炭素価格を伝えるシステムをインプリメントする能力にある程度まで左右される。

しかし、ラスロ・ウァロによれば、一方、10年以上前に可決された立法は、今後数年間にわたって厳しく石炭生産を抑制する。

その結果、5年で、石炭生産キャパシティーは「今日より相当に低くなる」、と言っている。

指令は、安い米国輸入品を制限するためには、もちろん何もできないだろうと言っている。

しかし、何がヨーロッパで石炭生産と消費に起こっても、アジアでエネルギー需要を螺旋状になることは、特別の中国で、石炭生産が今後数十年の間著しく上昇し続けることを保証する。

人口増加および爆発する中流階級はそれをうまく取り計らう。
ウッド・マッケンジー(Wood Mackenzie)によれば、中国では、単独で、エネルギー需要は2030年までに3倍になると予測している。

中国の中で、世界が見ていない好みで、特別、再生可能エネルギーに大量のお金を使っている。例えば、計画はドイツにほとんど10倍の風キャパシティーを構築する。

しかし、これさえ、化石燃料が当分の間大多数の全面的なエネルギー・ミックスを構築し続けるだろうということを意味して、要求に遅れずについていくことができないと予測している。

また、化石燃料の中いえば、石炭は楽勝者になる。
それは、石油またはガスより、道路と鉄道のような既存のインフラストラクチャーを使用して輸送することが可能で、一般に簡単で、より安いということになる。

これらのすべての理由で、ウッド・マッケンジーは、世界で4番めに大きな石炭会社は、中国が2030年までに、ほとんど5倍レベルまでに10億メートルトン以上を輸入しているかもしれない一方、2020年までに60%上昇するために、インドネシアで石炭生産を現在予測している。

この日付によって、それは、化石燃料のよりさらに高い全面的なエネルギー・ミックスの割合を押すのを支援して、2倍以上にする輸入石炭用世界需要が今日あると予期している。

安いエネルギーは、もちろん開発途上国の継続的な経済成長中で重大な成分になる。
しかし、CO2排出および地球温暖化用の増加する石炭生産の含意は深遠になる。

それでも原発を反対できるだろうか?

解決策は、安くて、安全な原発だろう。
地球の自転から言って、世界中の排気ガスは、海で突然冷やされ、日本に降り注ぐ!
どうしてくれるんだ、このままでは、日本は世界の排気ガス廃棄場になる。


ここでも不思議の国「日本」がクローズアップされた。
日本人は、何を考えているのか?
政治家の非科学的な判断を信じているのか?

間違いまみれの政治判断!

AFPは2011年11月15日に、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所の事故で放出されたセシウム137による日本全国の土壌汚染状況を推定した世界で初めての論文が、PNAS(Proceedings of the National Academy of Sciences/米科学アカデミー紀要)の電子版で公開された。

BBC Newsは2011年11月12日に、3月に起こった地震と津波で崩壊した東京電力福島第一原子力発電所の内部取材が、初めてマスコミに許可され、公開したと報告した。

BBC Newsは2011年11月01日に、日本人政府関係者は、崩壊した福島原子力発電所で放射性の水たまりから汲んだ1杯の水を飲んだと報告した。

BBC Newsは2011年09月10日に、野田佳彦内閣が2011年09月02日に発足し、就任してたった9日目の鉢呂吉雄(Hachiro Yoshio)経済産業相が福島県訪問後、視察先の宮城県気仙沼市で記者団に、津波で崩壊した福島原子力発電所のまわりのエリアを「死の町」「放射能をつけたぞ」などと言ったことで、不適切な発言として一斉に反発され、辞任したと報告した。

文部科学省は2011年08月30日に、東京電力福島第1原発の100km圏内の約2,200地点の土壌を採取して測定した放射性物質の分布状況などについての調査「放射線量等分布マップ」のうち、「放射性セシウムの土壌濃度マップ」を作成し、発表したと報告した。

AFPは2011年08月26日に、東京新聞が2011年08月25日に報道した内容から、政府が島第1原子力発電所の事故でこれまでに放出されたセシウム137(caesium137)の量が広島の原爆168.5個分に相当すると試算したことを報告した。

AFPは2011年07月14日に、老い先短い78歳の石原慎太郎(Shintaro Ishihara)東京都知事が2011年06月28日にAFPが行ったインタビューで、東京電力(Tepco)福島第1原子力発電所の事故を受けて原発に対する「一種のヒステリー」が起きると予想されるが、日本には原発がまだ必要だとの認識を示したと報告した。

BBC Newsは2011年07月05日に、トップ・ニュースで松本復興相の辞任を報告した。

AFPは東京新聞(Tokyo Shimbun)が2011年06月19日に、東京電力(TEPCO)福島第1原発の事故を受けて行われた世論調査で、8割以上の人が国内の原発の廃炉を求めていることがわかった報告していると伝えた。

AFPは、東京電力(TECPO)が2011年06月18日に、福島第1原子力発電所の高濃度汚染水を処理する作業で、セシウム吸着装置の放射線量が予想よりも早く交換基準に達したために、作業を一時中止したと発表した。

米国のホワイトハウス(White House)は2011年06月17日に、NRC Jaczko議長が福島に50マイル(約80km/現代の約4倍に相当する)を避難地区に推薦した「Press Briefing by Press Secretary Jay Carney, Chairman of the Nuclear Regulatory Commission Greg Jaczko and Deputy Secretary of Energy Dan Poneman, 3/17/2011」を公開した。

The Atlantic Wireは2011年06月17日に、3月の地震と津波による被害地でうごめく、約10万人の暴力団組織「やくざ」の社会を紹介してきた。

BBC Newsは2011年06月11日に、原子力におけるイタリアの原子シフトが起こっていると報告した。

BBC Newsは2011年06月07日に、福島原子力発電所から漏れだした放射能の量を当初の予測から、2倍にしたと報告した。

BBC Newsは2011年06月01日に、国連原子力エージェンシー(UN nuclear energy agency)が、日本は津波が原子力発電所を見舞うという危険を過小評価したと言ったと報告した。

AFPは2011年05月21日に、2011年05月22日に東京で開かれる日中韓首脳会談を前に、韓国の李明博(イ・ミョンバク/Lee Myung-Bak)大統領と中国の温家宝(Wen Jiabao)首相が東日本大震災の被災地を訪れたと報告した。

AFPは2011年04月12日に、福島第1原発事故で放射性物質が拡散したとの懸念から売上が落ちた福島県の農家を支援するため、枝野幸男(Yukio Edano)官房長官は2011年04月12日、都内で開かれた即売会で、福島県いわき市で生産されたトマトやイチゴなどを食べ、安全性をアピールしたと報告した。

2012-11-15---日本企業、中国企業からの石炭購入拒否。
2012-11-15---日本企業の石炭調達ボイコット、中国企業が報道否定。
2012-11-04---内モンゴルで国内最大のウラン鉱山を発見!
2012-10-23---新疆で特大型炭田「和代托洛蓋炭田」を発見!
2012-08-23---オーストラリアの鉱山資源ブームは終わった、と大臣が警告!
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2012-04-18---技術巨人のクリーン・エネルギー評価!
2012-03-11---日本が受けた核災難は、将来のエネルギーで日本を押し込む!
2012-02-20---日本の貿易赤字は燃料輸入で最高値に達した。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-25---原子力は「世界的に公的支援をほとんど得なかった。」