2012-11-22

イスラエルとハマスのガザ危機停戦協定は、守られている。

BBC Newsは、BBCの特派員ジョン・ドニソン(Jon Donnison)は、ガザが祝賀の夜の後に静かであると言った。

米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)と国連事務局長潘基文(UN Secretary General Ban Ki-moon)は、イスラエルの商業中心地テルアビブのバスが爆発し、少なくとも10人が負傷した時、ガザ危機でイスラエルとハマスによる停戦協定に向けて折衝していた。

8日間の交換の後にハマスとイスラエルの間の休戦をまとめ上げる国際努力は継続していた。

ウエストバンク(West Bank)で潘基文はガザで民間の死傷者で「深遠な懸念」を示し、彼らの「イスラエルの無差別攻撃」を直ちに終了するようにさらに闘士に要求した。

ハマスの職員は、休戦が真夜中に有効になるだろうということを火曜日に示唆した。
しかし、イスラエルは、休戦テキストに同意していなかったとその後に言った。

ハマスがイスラエルによる、ガザおよびターゲットとされた殺害と封鎖の終わりを要求している間に、イスラエルの要求は、ハマスが再度装備させることを妨げるためにガザと国際的な努力から、どんな種類の敵対的な攻撃も含んでいない。

1週間前ハマス軍事指導者アフマッド・ジャバリ(Ahmed Jabari)の暗殺で、現在の攻撃が始まった。

エジプトのアムル外相は2012年11月21日に、が停戦で合意したと発表した。
停戦は2012年11月21日午後9時に発効した。

イスラエルとガザ地区を実行するイスラム教徒ハマスの移動の間の停戦は、木曜日に継続されるように見えた。

イスラエル・ラジオは、いくつかのロケットがガザから発射されたと言った。
しかし、イスラエルのレスポンスのサインはなかった。

夜通し、何千ものガザの居住者が、国旗を振り、花火を引き立たせて祝う通りの上へ流出した。

国連安全保障理事会(UN Security Council)は、エジプトによってまとめ上げられて、合意を支持するようにイスラエルとハマスに要求した。

夜通し、IDF(Israeli Defence Forces/イスラエル国防軍)は、「静かに回復」させようと努力して、ウエストバンクで上級レベルを含む55人の「terror operatives(テロ実行者)」を阻止したと言った。

先週はウエストバンクにし、IDFに対する多くの抗議があり、何人かの抗議者がイスラエルの兵士と衝突した。

その最初のステートメントで、安全保障理事会は、現在の発火が始まったので、さらにエジプトのムハンマド・モルシ大統領( Egyptian President Mohammed Mursi)を賞賛した。

また、他の人は外交努力として、含まれていた。

紛争中に地方リーダーに会っていた国連事務局長潘基文は、停戦を歓迎し、人道的援助がガザに配達されることが緊急に必要であると言った。

紛争が先週始まって以来、5人のイスラエル人と150人を超えるパレスチナ人が死亡した。

イスラエル軍は、停戦が効力を発効して以来、3発のロケットがガザから発射されたと言った。

休戦は水曜日にエジプトの外務大臣カメル・アマル(Egyptian Foreign Minister Kamel Amr)によってカイロで発表された。

カイロの彼の側に、エルサレムで、およびその後の交渉で最初に参加した、米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)がいた。

つまり、ヒラリー・クリントンがすべての解決でキーになり、彼女はその努力をエジプトにプレゼントした。

やっぱり、ヒラリー・ゴジラの炎は凄かった。
あれだけの紛争が、こんなに短期間に終演した。

そう言えば、イスラエルとパレスチナの間で最初の和平協定「オスロ合意(Oslo agreement /Israel-Palestine Liberation Organization Agreement)」が、1993年09月13日にワシントンDCのホワイトハウスでサインされたとき、立ち会ったのは、ヒラリー・クリントンに旦那ビル・クリントン大統領(President Bill Clinton)が立ち会った。

イスラエル首相イツハク・ラビン(Israeli Prime Minister Yitzhak Rabin)はガザ地区、そして、ジェリコ(Jericho)でパレスチナに限定された自治を与える協定に署名した後に、ためらいがちにパレスチナ解放機構委員長のヤセル・アラファト(PLO Chairman Yasser Arafat)と握手した写真は、歴史的な世紀の握手であった。

イスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフのオフィスからのステートメントは、彼が米国提案に同意したと言い、「エジプトの停戦のための提案に機会を与えるために、状況を安定させる機会を与え、そして静かするために、そこに、より大きな力を加える必要があることだろう。」と述べた。

暴動は、21:00(19:00 GMT)停戦デッドラインまでちょうど継続した。
その日、イスラエルの都市テルアビブのバスで爆発した爆弾に、数人の人々を傷つけらた。
少なくとも13人が水曜日にガザで死亡した。

イスラエルはハマスの軍事指導者の殺害と共に、ガザからのロケット攻撃を始めた。
それは、ガザからのロケット攻撃の終了を目指したと言った。

1993-09-13---イスラエルとパレスチナで初の和平協定「オスロ合意」にサイン。
2012-06-27---世紀の握手!
2012-11-16---エジプト、戦火の中でパレスチナを支持。
2012-11-19---EUの大臣は、ガザ危機に対する懸念を示した。
2012-11-20---オバマ大統領は、ガザ危機の中で中東にクリントンを送り込んだ!
2012-11-21---テルアビブでバスが爆発!