11月11日

光棍節(独身の日)

中国語で「光棍」は「樹皮を剥いて作られたつるつるの棍棒(guang1 gun4 j)」を意味し、これでは後世に樹木の子孫を残すことはできないことから転じて「独身者」を表ようになった。これに「節句」とか「記念日」を表す「節」を付けて、「光棍節(光棍节/guang1 gun4 jie1/グワングンジエ)」は「独身者の祭り」を意味するようになった。

では、何で11月11日が「光棍節」にとなったのかといえば、その理由は簡単で、11月11日には数字の「1」、即ち「棍棒」が4本もあるから、独身者集まれと言うことになったとでいる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

また、独身者は朝に油条(細長い揚げパン)4本食べ、この4本は11月11日で4つの1を表し、あと、ゆで卵を1つ食べる。このゆで卵は数字のゼロを表し、独身の終わりを意味すると言っている。

元々は、「彼女がいない奴らでパーティーを開く」とか、モテない輩のためのステキなイベントという色合いが強かったのだが、ここ数年は独身とかモテないとかいう要素は一気に霞み、安売り対決の碑になってきている。

また、で11月11日だけではなく、数日前からセールを始めた企業も多く、京東商城にいたっては1カ月間にわたるセールを「砂漠の嵐」作戦として、大展開した。

中国では、そのような背景から、「光棍節」はネットショッピングの日にもなっている。

「光棍節」の起源には、諸説があるが、1990年代に南京の大学生たちが恋人のいない「光棍(独身者)」をからかって「光棍」を祝う祭りを行ったのが始まりで、これらの大学生たちが卒業して社会に出たことで世間に広まったというのが通説になっている。

それが2000年以降徐々に社会に定着するようになり、2005 年頃からは全国的になったと言われている。

日本では、「バレンタインデー(情人節)」が有名だが、中国でも最近は「バレンタインデー」も定着し、2月14日当日に向けて「愛の告白グッズ」の商戦が盛んになっているが、同時に11月11日の「光棍節」も特売広告が氾濫し、商店やネットショッピングで激しい販売競争が展開されている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。