gaYa広告

11月11日

光棍節(独身の日)

中国語で「光棍」は「樹皮を剥いて作られたつるつるの棍棒(guang1 gun4 j)」を意味し、これでは後世に樹木の子孫を残すことはできないことから転じて「独身者」を表ようになった。これに「節句」とか「記念日」を表す「節」を付けて、「光棍節(光棍节/guang1 gun4 jie1/グワングンジエ)」は「独身者の祭り」を意味するようになった。

では、何で11月11日が「光棍節」にとなったのかといえば、その理由は簡単で、11月11日には数字の「1」、即ち「棍棒」が4本もあるから、独身者集まれと言うことになったとでいる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

また、独身者は朝に油条(細長い揚げパン)4本食べ、この4本は11月11日で4つの1を表し、あと、ゆで卵を1つ食べる。このゆで卵は数字のゼロを表し、独身の終わりを意味すると言っている。

元々は、「彼女がいない奴らでパーティーを開く」とか、モテない輩のためのステキなイベントという色合いが強かったのだが、ここ数年は独身とかモテないとかいう要素は一気に霞み、安売り対決の碑になってきている。

また、で11月11日だけではなく、数日前からセールを始めた企業も多く、京東商城にいたっては1カ月間にわたるセールを「砂漠の嵐」作戦として、大展開した。

中国では、そのような背景から、「光棍節」はネットショッピングの日にもなっている。

「光棍節」の起源には、諸説があるが、1990年代に南京の大学生たちが恋人のいない「光棍(独身者)」をからかって「光棍」を祝う祭りを行ったのが始まりで、これらの大学生たちが卒業して社会に出たことで世間に広まったというのが通説になっている。

それが2000年以降徐々に社会に定着するようになり、2005 年頃からは全国的になったと言われている。

日本では、「バレンタインデー(情人節)」が有名だが、中国でも最近は「バレンタインデー」も定着し、2月14日当日に向けて「愛の告白グッズ」の商戦が盛んになっているが、同時に11月11日の「光棍節」も特売広告が氾濫し、商店やネットショッピングで激しい販売競争が展開されている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告