gaYa広告

2012年11月19日

ソユーズ、大気圏に再突入!

NASAは2012年11月20日に、ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)から、ソユーズTMA-05M降下モジュール(Soyuz TMA-05M descent module)が、地球大気圏を再突入し入れ始めたときを見た写真を公開した。

Expedition 33乗組員3人を乗せたソユーズTMA-05M降下モジュールは、夜明け前の着陸に向けて、カザフスタンの大草原にプラズマと共に落ちていく。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この中に、人間が3人も搭乗し、生きていると考えると恐ろしくて、宇宙旅行など飛んでもないと考えたくなる。

まるで流れ星のようで、もし、流れ星の中に宇宙人が乗っていたら!?

Expedition 33の船長スニタ・ウィリアムズ(Expedition 33 Commander Sunita Williams)と、日本人宇宙飛行士星出彰彦(Akihiko Hoshide)、ロシア人宇宙飛行士ユーリー・マレンチェンコ(Yuri Malenchenko)は、日曜日の午後8:56 EST(月曜午前7:56/カザフスタン時間)に、スターバックスはなく、マクドナルドもなく、セブン・イレブンもない人里離れた町アルカルイク(Arkalyk/Арқалық/Аркалык)の北東へ着陸した。

Image Credit: NASA/SDO/Steele Hill - Double Trouble

人里離れた町アルカルイク(Arkalyk)のGoogle Earthポインター情報
50°14'47.39"N,66°54'43.54"E
または、
50.246497, 66.912094

2012-11-19---ハイウエイパトロールに逮捕された瞬間のような、日本人宇宙飛行士星出彰彦の帰還。
2012-11-09---「惑星間のインターネット」テストを実施!
2012-10-26---米国と日本人宇宙飛行士が、ISSのトイレ修理で宇宙遊泳。
2012-10-10---自分の宇宙服を担ぐ、宇宙飛行士。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告