AD SPACE

2012-11-20

オバマ大統領は、ガザ危機の中で中東にクリントンを送り込んだ!

AP通信は、米国がイスラエルとハマス(Hamas)の血の対立を解決するための至急努力するとともに、バラク・オバマ大統領(President Barack Obama)は火曜日に中東へ国務長官ヒラリー・ロダム・クリントン(Secretary of State Hillary Rodham Clinton)を派遣したと報告した。

今回は、クリントン・ゴジラがどんな火を噴くのか?
メキシコの時のように、大失言もするが、クリントン・ゴジラはおおむね成功している。

アジアのリーダーと首脳会談のためにオバマに参加したクリントンは、急速にカンボジアからその地域に向けて出発した。

[AD] You can advertise on this site.

ホワイトハウスは、エルサレムでイスラエルの首相ベンヤミン・ネタニヤフ(Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu in Jerusalem)、ウエストバンクのラマラ(Ramallah, in the West Bank)でパレスチナの政府関係者およびカイロ(Cairo)でエジプトのリーダーに会って、彼女が3つの停止をするだろうと言った。

なにしろリントン・ゴジラは、日本で沖縄基地問題でもたついていた当時の鳩山首相を蹴り出し、辞任に追い込んだ。

クリントンは火曜夜にイスラエルに着き、水曜日の夕刻にワシントンへ返る、と予想されていた。
あるいは、そのクリントンは木曜日の午前に、すべて作った後、3人に非常停止させる。

あれだけ大騒ぎしている大紛争を1日で解決できるとしたら、確かにクリントンしかいない。

クリントンの旅行は、100人を超えるパレスチナ人と3人のイスラエル人を殺した、何百人も負傷者を出した1週間にわたる紛争で、オバマ政権の最も強力な約束をさせる。

米国は、ガザからのロケット攻撃で自己弁護するイスラエルの権利を支持するが、オバマ政権は、暴力を拡大し、劇的に両側の死傷者を増加させるかもしれないことかた、促進する土地攻撃を追求しないように、その同盟国に警告する。

国務省のスポークスウーマンであるビクトリア・ヌーランド(State Department spokeswoman Victoria Nuland)は、「クリントンは、イスラエルのセキュリティおよび地方安定を保護し、増強する平和な結果に対するアメリカの関心を強調するでしょう。」と言った。

それはガザの民間の居住者のための改善された条件に結びつく場合がある。

また、それは、平和とセキュリティ知育に住んでいる2州のために、パレスチナ人とイスラエル人の大望を完了するためにパスを再開することができる。

それにもかかわらず、オバマの代理の国家安全保障担当補佐官ベン・ロードス(Ben Rhodes)は、「イスラエルはそれを試みる軍事作戦および決定に関するそれ自身の決定を下すだろう。」
「同時に、米国は彼らの利益が外交的に平穏に会ったことを知ることを他の国々が好んだように、私たちはそれをイスラエルと考えます。」とロードスが言った。
「軍事衝突の段階的拡大を見るために、それは誰のでもない興味にあります。」
と言った。

私は、どのようなスタイルでクリントンが降り立つか興味があった。
できれは、真っ黒なスーツに、黒いレーバンのサングラスで現れて欲しかった。

これでは、2012年11月26日に予定されているアラファトの遺体発掘もできなくなる。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.