2012年11月19日

たった6時間のオバマ大統領ビルマ訪問写真集。

BBC Newsは、「In pictures: Obama in Burma」を公開し、バラク・オバマ米国大統領(US President Barack Obama)は、ビルマを訪れる初代の現職米国大統領にして、6時間の訪問のためにラングーン(Rangoon)に着いたと報告した。

彼は国への伴奏として彼女の2番目の訪問になる米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)を伴った。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

オバマ大統領の訪問は、大統領テイン・セイン(Thein Sein)と、その政府によって政治改革に続いた。
それは2010年11月に軍政を交換ました。

人々の群衆は、それが空港から都市への道のりとともに、オバマ大統領の自動車行列を一瞥しようとすることが判明した。

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)を訪れたオバマ大統領は、ビルマでより多くの仕事を行わなければならないと言った。

しかし、彼の訪問は、先例がない変更に対する反応と見なされている。

オバマ大統領は、ラングーン議会ビル(Rangoon parliament buildingで、2か国がビルマで「民主主義の開発」について同意したと言った大統領テイン・セインに会った。

ラングーンの彼女の自宅でビルマの民主化指導者アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)に会って、オバマ大統領は、「人間の自由を否定することができない。」と言った。

ラングーン大学で話したオバマ大統領は、米国が「友情の手」を提示している間ビルマの政府が民主主義を繁栄させなければならないと言った。
そのスピーチでは、クリントン夫人およびスー・チーが付き添った。
さらに故国がないイスラム教徒ロヒンギャの包含の嘆願をした。
彼らはビルマの国民と認められていない。

オバマ大統領の訪問は、2年前に2カ国で、遠く離れて不可解だった。

その時以来、西洋諸国のビルマに対する制裁は緩和された。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト