gaYa広告

2012年11月19日

オバマ大統領はビルマの「著しい旅」を歓迎。

BBC NEWS、AP通信など、世界中のメディアが、米国のバラク・オバマ大統領(US President Barack Obama)による米国の大統領としてビルマへの最初の訪問を行ったとともに、さらにはるかに先へ行かなければならない改革の「著しい旅」上にあると言ったと報告した。

改革のアジェンダが、変更に対する望みに遭遇したと彼は言った。
また、彼は「友情の手」を伸ばすためにここに来たと言い、少しこれはやりすぎではないかと思えるようにビルマの野党党首アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)を片手で抱きしめた。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

しかし、ラングーン大学(Rangoon University)のスピーチで彼は、西のRakhine州の最近の暴力に取り組まなければならなかったと言った。

オバマ米国大統領が到着するとともに、いくつかの揺れる米国国旗星条旗を持った人々の群衆は通りに並んだ。

その訪問は、2010年11月に軍政の終了以来、大統領テイン・セイン(Thein Sein)の政府によって適所に入れられた改革の支援を示すように意図された。

活動家は、訪問が急速すぎるかもしれないと警告した。
政治犯は、まだ獄中に残っている。
また、国境地帯の民族紛争は未決着もままである。

月曜日に、別の囚人恩赦は伝えられるところによれば、解放された66人の収容者の約50人が政治犯であったと、発表した。

活動家は、まだ約200人の政治犯が獄中に残っている、と言った。

オバマ大統領はビルマで約6時間を過ごし、首都Nay Pyi Tawは訪問しなかった。

彼の見学のハイライトはラングーン大学のスピーチであった。
それは、軍事政権によって猛烈に抑えられ、1988年の民主化を要求する抗議デモの中心にあった。

彼は学生に話しかけ、アメリカがビルマの経済を再建するのを支援し、その旅のパートナーでありえた、と言った。

米国が喜んでその拳を緩めたあらゆる国へ手を差しのべるだろうと彼が誓った2009年1月20日の就任演説を参考文献として載せて、彼は、
「今日、私は、約束を守り、かつ友情の手を伸ばすために来ました。」
「しかし、この著しい旅はたった今始まっており、はるかにさらに行かなければなりません。」
「社会のトップから始められた改革は、その基金を組織する市民の熱望の的を果たすに違いありません。私たちが見た進行の点滅は消滅してはなりません。」と言った。

彼は、100,000人以上を置き換えたRakhine状態のイスラム教徒および仏教徒の間の集団暴力行為の終わりを要求した。

彼らは、ほとんどがイスラム教のロヒンギャ(Muslim Rohingyas)で、ビルマで無国籍と厳しい顔で差別されている。

「国民和解は時間かかるでしょう。しかし、私たちの共通の人間性、およびこの国の将来のために、刺激を止めて、暴力を止めることが必要です」と彼が言った。

以前に、テイン・セイン大統領に会い、オバマ大統領は改革プロセスとして、「ここミャンマーで信じられない開発機会に結びつくことができる。」と言った。

彼は、政府によって好ましいカントリー名を使用した。
これが政策転換を表わすかどうかは明らかではない。

民主主義という言葉を、理解しないまま使うことも多い。
それは、日本でも同じで、東京都の選挙管理委員会の委員長も誤解している。

その後、彼は、彼女が自宅監禁の下で数年を過ごした湖畔自宅で民主化指導者アウン・サン・スー・チーに会った。

彼女は米国にその支援を感謝したが、困難な回が前方に位置するかもしれないと警告した。

彼女が「任意の推移で最も困難な時間は成功は見えると私たちが思う時です。」と言って、人々が「成功の蜃気楼によって誘惑されるべきでない。」と言った。

米国の大統領と彼のチームは、さらに国の歴史で多くのキー瞬間の中心にあったラングーンにあるシュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda, the Rangoon)で簡潔に過ごした。

オバマ大統領は、最初の訪問のほとんど1年後にビルマへ戻っていた米国国務長官ヒラリー・クリントン(US Secretary of State Hillary Clinton)を同伴した。

米国国務長官ヒラリー・クリントンも最初の訪問のときに、アウン・サン・スー・チーを抱きしめ、恍惚感を味わっていた。

Reform in Burma
* 7 Nov 2010: First polls in 20 years
* 13 Nov: Aung San Suu Kyi freed from house arrest
* 30 Mar 2011: Transfer of power to new government complete
* 19 Aug: Aung San Suu Kyi meets President Thein Sein
* 13 Oct: New labour laws allowing unions passed
* 23 Dec: Suu Kyi-led NLD registers as political party
* 13 Jan: Highest-profile political prisoners freed
* 1 April: NLD wins 43 out of 45 seats in polls, generally seen as fair
* 23 April: EU suspends most sanctions for a year
* 29 May: Aung San Suu Kyi leaves Burma for the first time in 24 years, for a visit to Thailand
* 9 July: NLD lawmakers take their seats in parliament

2012-11-16---オバマ大統領訪問の前に、米国はビルマの輸入品禁止を解いた。
2012-11-08---ビルマは、オバマ大統領が今月末に訪問すると言った!
2012-10-27---ビルマは、Rakhine州で村が燃えていることを認めた。
2012-09-27---クリントン、米国がビルマの輸入禁止を緩和すると言った。
2012-09-18---ミャンマーのスー・チーは、画期的なワシントン訪問を始めた。
2012-08-28---ビルマはブラックリストから、2,082の名前の除去。
2012-08-20---ビルマは、 地元マスコミの政府検閲を終了。
2012-08-06---ミャンマーの検閲官は、2つの雑誌を解禁。
2012-06-24---ビルマは、テレコム市場の国家管理を緩和。
2012-05-30---アウン・サン・スー・チーはタイの世界経済フォーラムへ旅行!
2012-01-05---スー・チー「私の人生はビルマの民主主義」
2012-01-04---ミャンマーは独立記念日の文面を削除!
2011-12-03---ヒラリー・クリントンは、ビルマでデモを許可させた!
2011-12-02---ヒラリー・クリントンがビルマでスー・チーと合った。
2011-12-01---ヒラリー・ゴジラが、ピンクの服装でビルマに上陸!
2011-10-11---ビルマは、囚人6,359人の恩赦を発表。
2011-09-30---中国が支持しているビルマのダム建設を停止!
2011-08-19---スー・チー女史がビルマ首都の経済フォーラムに招待された。
2011-05-16---ビルマの恩赦では、政治犯は助からない!
2010-11-12---ビルマ司令官は、アウン・サン・スー・チー女史解放にサイン!?

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告