2012年11月15日

デヴィッド・アッテンボローの人生の教訓。

BBC Newsは、あなたが自然界について考える場合、どの知恵が頭に思い浮かんで来るかと聞いてきた。

60年間自然の生物学の迷路を通って、ガチョウへのブーイングから、有史以前の巨人の改造まで、基本から通り抜けてテレビ視聴者をガイドしている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

デヴィッド・アッテンボロー候(Sir David Attenborough)は私たちに以前に見られていなかった自然界の部分を手ほどきして、科学を小さな画面にもたらすことに専念した。

その途中で、彼は多くを学んだ
また、ここで、私たちには信じられない経歴から少数のレッスンを共有してきた。

捕食動物、頭が変だ?と思ったし、ドラゴンの致命的なキスが好きだし、鳥類は生き方が事務的すぎるし、蛇は後ろの刺客だし、考えていたことと、知っていたことと別のことが多すぎる。

専門家は疑いたくなるようなことを言って、それを実証してくる。

2012-11-09---アッテンボローの箱舟。
2012-07-19---有名人にちなんで命名された10種.
2012-02-03---1月29日からの1週間で、みんなが見逃したかもしれないニュース・トップ10。
2010-07-24---イギリスの蝶の総数を調査する「Big Butterfly Count」
2012-06-25---昆虫から何を学ぶことができるか?

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト