2012-11-09

「惑星間のインターネット」テストを実施!

Fox Newsは、NASAとESA(European Space Agency/欧州宇宙機関は)、地球と別の惑星上のロボットの間でインターネットのようなコミュニケーションを可能にするのを支援するプロトタイプ・デバイスを実地に試みたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)の現在のExpedition 33ミッションの指揮者アストロノート・スニタ/ウィリアムズ(Astronaut Sunita Williams)が、ドイツで先月末にヨーロッパの有人宇宙ステーションで小さなLEGOロボットを運転するためにNASAの実験として、DTN(Disruption Tolerant Networking/混乱寛容なネットワーキング)プロトコルを使用した。

このヨーロピアン主導の実験は、別世界の周囲を回る宇宙飛行士が惑星の地表上にあるロボット探査車をコントロールするシナリオをシミュレートした、とNASAの職員が言った。

ワシントンのNASAの本部での宇宙通信および操縦のための代理副長官バドリ・ユンネス(Badri Younes)が、「デモンストレーションは、軌道に乗る宇宙船から表面のロボットにコマンドを送り、かつロボットからイメージとデータを後ろに受け取るために新しい通信インフラを使用する実現可能性を示しました」と言っている。

NASAのDTNアーキテクチャーは長い距離以上で、時間遅れによる標準化されたコミュニケーションを可能にするために設計した新技術である、と機関職員が言った。

その芯には、BP(Bundle Protocol/バンドル・プロトコル)と呼ばれるものがある。
それは、インターネットの中心としてこの地球で役立つインターネット・プロトコル(すなわちIP)に似ている。

この2つの間の大きな違いは、IPがシームレスの末端間データ経路を仮定し、その一方でBPがエラーと分離を説明するために構築されているということで、-一般に深宇宙コミュニケーションを悩ます異常に対応している。

データは次のリンクが利用可能になるまで、1つのノードで待って、一連の短いホップでのBPのネットワークを通って移動する、とNASAの職員が言った。

実に面白い!
実は、すべてのコミュニケーションは時間軸で安定性を保っているが、その時間軸が狂う宇宙でのコミュニケーションは、どうなるのかと思っていた。

まさに、アインシュタインの相対性理論コミュニケーションになる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.