gaYa広告

2012年11月09日

米国のオリンピック・ボクサー5人がプロデビュー!

AP通信は2012年11月10日に、ロンドンのオリンピックに出場した米国の男子で、3会オリンピックに出場したボクサーのラウシー・ウォレンス(Rau'shee Warren/1987 - )と4人のチーム・メイトが2012年11月09日金曜日夜にプロデビューを果たし、全員が勝ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

ドミニック・ブレゼール(Dominic Breazeale)、マルコス・ブラウン(Marcus Browne)、エロル・スペンスJr.(Errol Spence Jr.)およびテレル・ガウシャ(Terrell Gausha)は、パームスプリングスの郊外のファンタジー・スプリングズのカジノ(Fantasy Springs casino outside Palm Springs)でデビュー戦を戦い成功した。

ラウシー・ウォレンスは、ルイス・リベラ(Luis Rivera)との戦いで第4ラウンドにノックダウンでポイントを失ったが、判定で満場一致により勝った。

オリンピックの試合では3回すべてに負けたが、ウォレンは米国ボクシング史で唯一の3回オリンピックに出場した選手である。

ドミニック・ブレゼールは、ヘビー級デビュー戦の第1ラウンドに1:06にカーティス・テート(Curtis Tate)に戦力放棄させた。
テレル・ガウシャは、第3ランド1:55にダスティン・カプリンガー(Dustin Caplinger)に戦力放棄させた。
マルコス・ブラウンは、第3回ランド1:04にコダレ・フォード(Codale Ford)に戦力放棄させた。
エロル・スペンスJr.は、第3回ランドの前にジョナサン・ガルシア(Jonathan Garcia)に戦力放棄させた。
2008年の北京オリンピックに出場した21戦全勝、13KOのゲーリー・ラッセルJr.(Gary Russell Jr.)は、ファイナルの試合で、第3回ランドにロバート・カスタニエダ(Roberto Castaneda)を中途で戦力放棄させることにより、その日のショーを終了した。

パームスプリングスの郊外のファンタジー・スプリングズのカジノ(Fantasy Springs casino outside Palm Springs)のGoogle Earthポインター情報
33°43'18.56"N,116°11'35.55"W
または、
33.721822, -116.193208

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

gaYa広告