on-the-time.jp

2012年11月09日

日本の自動車メーカー、中国から逃げた!

キャラバン資本主義ビジネス

新華社は中国証券網(中国证券网/中証網)からの情報として、中国の全国乗用車連合会(中国汽车工业协会/全国乗聯)が発表した乗用車メーカーの10月の販売上位10社ランキングで、日系メーカーがこぞって10位圏外に後退したと報告した。

同協会は7月、「11月と12月は本来、自動車販売シーズンであるはずだが、日系車は今年、このチャンスを逃し、低迷を続ける可能性があるとして、吉利、長城、奇瑞などの中国自主ブランドメーカーが10位内に返り咲くとの見通しを示していた。

暴力、暴動国家中国から、日本の自動車メーカーが逃げたのである。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日系車メーカーの販売台数は2012年09月から全体的に減少し始め、トヨタやホンダは相次いで販売上位10社から転落した。
東風日産は9月に順位を9位に下げつつも、上位10社内を維持したが、10月は上位10社から外れた。
10月のトップ3は順に一汽大衆(VW)、上海大衆(VW)、上海通用(GM)だった。

全国乗聯によれば、2012年10月の日系車の販売台数は前年同月と前月に比べ、それぞれ34.5%と、56.5%減少した。だが中国自動車市場全体の販売台数は大幅に減少しておらず、日系車の減産と市場縮小が、市場にはほぼ影響を与えず、他国メーカーが日系車の落ち込みを埋めたことが分かる。
中国自動車産業の生産能力は2012年に大幅に高まった。

日本人は、暴力が嫌いなのである。

日系車のシェアが一転して急縮小する中、中国自主ブランドが急伸している。中国資本自動車メーカーの9月の乗用車卸売台数は前月比28%増、前年同月比7.5%増した。
10月の乗用車卸売台数は前月比2.7%増、前年同月比1.5%増となった。
全国乗聯の饒達秘書長は「中国資本メーカーは日系メーカーの落ち込みを一部埋めている。この数年の研究開発予算の拡大効果がある程度出ている。
内外環境が改善している中、自主ブランド車の伸び率はマイナスからプラスになる可能性がある」との予測を明らかにした。

上海浦東新区に拠点を構える広汽豊田の販売店の状態は「閑古鳥が鳴く」と形容しても良い。
店に入ると、4、5人の販売員は同時に迎えに来た。
販売員によると、この1カ月、1台も売れなかった。
日系メーカーのディーラーの在庫は平均を上回り、利益は大幅に減少していると言っている。

逃げた鳥籠を見て、鳥が居ないと言って中国では騒いでいる。

全国乗聯が昨日出したリポートでは、ディーラーの多くは自動車を売って稼ぐのではなく、不動産との兼営によって収益を保っている。
あるディーラー関係者は記者に、「ディーラーの多くは4S店を建てる名目で土地を取得した、数年後に店を譲渡して、土地価格の上昇によって少なくとも20~30%のもうけを得る。

4S店の所在地が立ち退き対象となれば、4S店出資者はさらに手厚い利益を獲得することができる」と話した。

そう言えば、北京の土地を日本企業が買いあさっていると聞いた。

中国との付き合い方を日本企業は変更中!

2012-11-06---日系カーディーラー、来店客数増加の兆し、消費者は様子見継続。
2012-11-05---トヨタは回復が継続すると共に、収益見通しを上方修正。
2012-10-30---人件費の高騰より深刻な、商業用不動産の賃料値上げ!
2012-10-29---トヨタは、世界全体での売上を記録するために、向かっている。
2012-10-29---ホンダは、中国-日本論争の中で、収益見通しを低下。
2012-10-24---ノキアで始まった「脱中国」時代!?
2012-10-08---世界銀行は、中国の成長予測を低下!
2012-09-26---フィリピン、最優遇条件で中国からの逃避日本企業受け入れ!
2012-09-24---釣魚島問題で、不動産業でも日本製品不買。
2011-09-09---北京の不動産市場が、冷え込み始めた。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-08-20---7月の中国不動産相場は、利下げによって押し上げられた。
2012-07-30---北京市で、外資の不動産投資、上半期は10倍に拡大!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告