gaYa広告

2012年11月09日

サンパウロのギャングの戦いで、新たに13人が死亡した。

BBC Newsは、ブラジルの警察と、ブラジルで最大の都市サンパウロ(Sao Paulo)の暴力団の間で抗争があり、少なくとも13人が死亡したと報告した。

ブラジルの警察とギャング団PCC(Primeiro Comando da Capital/First Command of the Capital)の対立で、過去2週間だけで130人以上が死んだ。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

警察官に対する攻撃は、投獄されたギャング・メンバーによって刑務所の内部から指示されていると考えられている。

BBC Brasilは、PCCリーダーが他の刑務所に移動するように要求する検察官グループによっるドキュメントを見た。

彼らは、サンパウロの刑務所システムがそのような危険な収容者を孤立させるキャパシティーを持っておらず、それらが連邦刑務所へ移されるべきである、と言った。

しかし、その問題は敏感である、とBBCの特派員が言った。

2006年に投獄されたギャング・リーダーを移動させようとした時にPCCはほとんど500人の死に結びついた暴力および暴動の波を引き起こした。

サンパウロの貧民街のうちのいくつかは閉じられたままで、警察とPCCの対立が拡大したとき、ビジネス街は早く閉じた。

バスも燃え、輸送は分裂したままである。

BBCのゲーリー・ダフィー(Gary Duffy)によるサンパウロからの報告では、最近の暴力として木曜の夜の5時間で、9人が死んだ。

上級の法務官は、民間人が何人かの警官によって報復攻撃で殺されていると彼が言っているとBBCに伝えた。

90人を超えるオフィサーが都市で死んだ。
その週以前に、当局は、状況に取り組む計画を明らかにした。

それらは新しい警察機関を作り、都市へ薬をこっそり持ち込むために使用されている湾岸、空港およびハイウェーでのセキュリティおよび監視を増強することを含んでいた。

サンパウロ知事ジェラルド・アルカミン(Sao Paulo Governor Geraldo Alckmin)は、どこから憎まれ役と言われるか判らない連邦管理の下で、重警備刑務所の警官に対する攻撃を命じた疑いをかけられた収容者が移動されるだろうと言った。

当局は、刑務所でさえ、ギャング・リーダーがメンバーをコントロールすることができ、携帯電話による注文を出すことができ、薬の販売、腕の購入、およびライバルのギャング・メンバーおよび治安当局の両方の殺人を指図することができる、と言っている。

こんなところで、ワールドカップやオリンピックが開催されることになっている。

サッカー選手やオリンピック選手、されに応援団などは、命がけだろう。
金メダルどころではない!
帰って来られたらラッキー!

何も解決できない街!

こんな国だから、石原慎太郎のように、短絡的なブラジル非難は、幼稚すぎた。
今度は彼が、国政に出ると言っているが、こんな短絡的で、幼稚な80歳の極右爺さんに何ができるというのだろう。

ブラジルで最大の都市サンパウロ(Sao Paulo)のGoogle Earthポインター情報
23°32'56.19"S,46°38'16.65"W
または、
-23.548942, -46.637958

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。