on-the-time.jp

2012年11月09日

アジア、アラブのトランスジェンダーは、社会で軽蔑に直面。

AP通信は、パキスタンのトランスジェンダーは、化粧をし、女性の衣装を着て盛装し、多くの結婚式でダンスそして金銭を稼いでいると報告した。

しかし、パキスタンのトランスジェンダー(transgender/性転換者)の人々の生活は、ハラスメント、拒絶および貧困によって特徴づけられていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

トランスジェンダーは、保守的なパキスタンでは性別の役割として、伝統的に明確に線が引かれ、非常に細い位置に住んでいる。

若く、生計を立てるために身を売ることを多数が強いている場合、家族はしばしばホームからそれらを強要してる。

それらが許容される場合、1つの役割は男性と女性が厳密に分離される結婚式および他の祝賀でダンサーとして働いている。

それらは酔っているゲストから手探りすることからかわしながら、働き、権力者に身体を委ねると言われている。

パキスタンのトランスジェンダーであるSymbalは、
「私は、なぜ私たちをいじめて嘲ることが、彼らの金であると人々が思うか理解していません。」と言っている。

トランスジェンダー・コミュニティーの多数が、自分の名前を取り、それらの家族を保護するためにそれらの苗字を使用しない。

つまり、家族の犠牲として、無視されながら、軽蔑される仕事を続けている。

他のものは通りで物乞いするか、あるいは新生児の祝福によりお金を得ている。

性転換者コミュニティーを研究したパキスタンの研究者イクバル・フセイン(Iqbal Hussain)は、祝福は、恵まれずに生まれた人が、神の祈願に答えるパキスタンおよび他の南アジアの国家で広範囲の確信を反映していると言っている。

しかし、彼は、人々はそれらに平等の権利を与える準備ができていることをそれが意味しないと警告した。

そう言えば、祈祷師が崇められるときと、虐げられ、差別を受けるときがある。

2011年にパキスタンの最高裁判決は、それらが国民性カードにどちらもない男性あるいは女性を個別の同一性と認めさせ、彼らが投票することを可能にした。

近隣のインドでは、選挙委員会が2009年に、そのトランスジェンダー人々は、男性または女性ではなく、「他のもの」として規定され、投票の登録ができた。

地域とイスラム教界の他の部分では、トランスジェンダーに対する姿勢はさらに複雑であった。

タイでは、トランスジェンダー・コミュニティーが非常に目に見えて、広く許容されている。

トランスジェンダー人々は、デパート化粧品カウンターあるいはポピュラーなレストランおよび多数のトランスジェンダー美人コンテストの中で走路を歩くことに取り組むテレビ昼メロ上で規則的に見られる。

インドネシアの多くのトランスジェンダーは、公に歌手として女性の衣服を着て登場している。
しかし、社会の軽蔑はまだ根強い。
それらはイスラム教の強硬派による一連の攻撃に続いて、近年多くの低姿勢をとってきた。

マレーシアでは、婦人服を着ているイスラム教の男性は、イスラム教の法廷で起訴できる。

アラブ世界では、公然とトランスジェンダー人々が公的に彼らの同一性を示す機会はほとんどない。

2007年には、クウェートが、何百人ものトランスジェンダーの逮捕に結びついて、「異性の模倣するメンバー」を犯罪にした、とヒューマン・ライツ・ウォッチは言った。

イラクでは、過激派がゲイあるいは柔弱なことに知覚された人々を対象とし殺した。

また、多くの国では、猿のように、人間にはなりきれていない芸能人か、お笑いとして扱われている。
そして、日本ほど芸能人やお笑いが人間的に高く評価されていない。

実は、日本も、少し前は芸能人やお笑いが。河原乞食と言われてきた。

また、テレビを見ていると、日本の芸能人やお笑いと、パキスタン人のトランスジェンダーには、共通点もある。
底流は同じかもしれない。

2012-10-08---イタリアは、性転換売春団を強打!
2012-10-05---米国のネットワーク・テレビでゲイが上昇。
2012-08-04---オックスフォード大学は、服装規定を書き直した。
2012-07-17---アメリカのボーイスカウトは、ゲイ禁止を継続!
2012-07-12---中国の最高齢性転換者84歳!
2012-07-11---米国監督教会は、同性愛者に天の恵みサービスを承認。
2012-05-07---インドの法廷は、性転換手術の権利を支持。
2012-04-10---ミス・ユニバースは、性転換女性をミスとして出場を許可した。
2012-04-03---カナダのト性転換モデルはミス・ユニバースを反撃。
2012-03-15---カトマンズでオープンしたネパール初のポルノショップ!
2011-11-08---モロッコでは、形成外科を大好きになっている?!
2011-10-02---セルビアは、暴力恐れを理由に、ゲイのパレードを禁止。
2011-09-15---オーストラリアのパスポートは、第3の性を許可した。
2011-08-13---キューバ初の同性愛者結婚式に、フィデル・カストロは出席するか?!。
2011-05-31---ネパールのカトマンズ同性愛者のパレード。
2011-04-25---パキスタンで、第3の性transgender pinが認められるかも!?
2011-03-19---リッキー・マーチンが、ゲイ・メディア大賞に輝いた!
2011-02-10---ポップスの歌手リッキー・マーチンは、同性愛者名誉賞を受賞!
2010-10-24---「名誉」を保護するために、やむを得ず結婚した同性愛者の女性の物語。
2010-08-09---自分は女か?男か?香港で画期的な裁判で戦っている人が居る。
2010-05-20---モロッコでアラブ初の同性愛者の雑誌「Mithly」を出版!
2009-10-11---米国政府へ完全な平等を求め、同性愛者がレスビアン行進。
2006-09-20---米国通信業者の同性愛者平等ランキング。
2006-07-13---性転換した教授が語り始めた「ジェンダー・ギャップ(性格差)」
2006-05-31---同性愛者と異性愛者の労働環境体系意識。
2005-12-14---異常になり始めた米国TVのセックス規制。
2005-08-12---ゲイ、レスビアンのオンライン百科事典が120万語になった。
2005-07-30---ホモ博物館の歴史的検証展示会を開催した。
2005-05-21---ホモ博物館、同性愛者の文化形成展示会「Heroes and Moments」を開催。
2003-03-03---ゲイ、レスビアンのオンライン百科事典を公開した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告